SEKIRO

2019.03.22 Friday

和風モチベを高めるためにSEKIRO買ってきました・・・というのは建前で、美麗グラフィックの天誅がやりたかったというのが本音です。

 

 

で、実際やってみたんですけど、こりゃ天誅じゃなくてダクソですね・・・。

 

最初から和風版のダクソとしてプレイしてる人はたぶん楽しめてるんじゃないかと思うんですが、天誅の新作のような気分で遊ぶと失敗します。天誅要素は皆無。鉤縄つかったり壁に張り付いたり忍殺があったり、要素だけ取り上げれば天誅のように見えるんですけど、その自由度のなさが完全に別物。

 

そして悲しいのは、ここまで自由度がないにもかかわらず、駄作だった天誅4よりは天誅してるってこと。なんてこったい・・・。

とはいえ、フロムとActivisionはかつて天誅を作っていただけにもっと期待してんですけど、やっぱり時代の流れといいますか流行りに乗ったといいますか、中身は完全なる和風ソウルでした。こりゃ体験版やってたら買わなかったなあって思ってちょっと反省。新作を遊ぶ時は何も知らない状態からやりたい派なので体験版ってやらないんですよね・・・。

 

ともあれ、せっかく買ってしまったので最後まではやってみます。

人付き合い

2019.03.21 Thursday

祝日を返上して、嫁さんの家族とお出かけしてきました。

 

人付き合いって、仕事でも家族間でもネット、友人関係でも、面倒事って多い印象ですけど、私の周りはそういった面倒臭さってほとんどないなーって感じる今日このごろ。

 

仕事も面倒なのは社長ただ一人で、あと面倒なのは突発的に入社しては一ヶ月も持たずにやめていくのが何人かいますけど、基本的には平和な環境です。

 

家族も面倒なことがないわけではないけど平和な方でしょう。嫁さん側の家族、親戚もみんないい人というか私にとっては無害な人たちばかり。

 

DQXなんかやってると、相当にやべえやつらがはびこってるわけです。そういう輩には、そもそも近寄りませんけど。フレンドになった人の中でも、ここまでは普通なのに、そこの常識はねえのか!って人もいます。先日あった具体例をあげれば、こっちがアプデ後に「一人プレイ中」のアイコンを出してストーリー進めてるにもかかわらず、唐突に「自分はもう本編クリアした」と報告してくる人とかね。空気のよめなさ具合がやばい。結局中に入ってるのはみんな生身の人間なんだよなあって思わされる瞬間でもあります。

 

友人関係はいたって平穏。そもそも害がある人とは関わらないようにしてますけど。

 

これって結構すごいことだと思うんですよね。

こういう今ある当たり前の幸せを、当たり前と思わないようにしたいものです。

バージョン4.5クリア

2019.03.20 Wednesday

本日アプデだったDQXのバージョン4.5クリアしてきました。

2017年から始まったバージョン4の物語がついに完結したわけです。

 

以下感想。

 

---

 

うーーーん、ひどい。

作りが、雑。

 

なんだか、DQXってバージョンの最後は毎回ひどいって言ってる気がします。ディレクターの安西が「ものすごいボリュームで、作るのが超大変、みんな喜んでくれるかいまから楽しみ」って何度も豪語してたものだから、どれほど長くてワクワクする話なんだろう!って期待してたら、全てが真逆でした。

 

ストーリー進めてて「次どうなるの!?」って思わない。「はぁ、結局なんとかなっちゃうんだろうなあ」って感じ。ご都合設定のオンパレードですべて解決していく中学生の考えたRPGツクールみたいな内容。むしろ中学生に失礼かもしれない。

 

マップは9割が使い回し。ただ使い回すこと自体は悪くないんですよ?悪くないけど演出が稚拙すぎて悪い印象しか与えない。そのすべてが、昔なにかのゲームで見たことある、今では誰でも思いついちゃう拙い演出だらけで萎えまくり。

 

特にがっかりしたのが、ラスボスが入っているであろう「繭」の中身。

2年前、こんな巨大な繭が突如現れたときはそりゃあワクワクしましたよ。

 

 

で、その中身がコレ↓

 

 

許さん。

 

繭といえば、嫌でもラスト感漂うとてもいい題材なのに、なんでこんなのにしちゃったの?国宝級のスタッフ集まってコレやっちゃダメでしょ・・・。最低限、誰でも思いつくところで考えても、繭の中に入ってそこが新規のラスダンだ!とかさ?繭があれだけ巨大なんだから相応の巨大な生物が入ってるとかさ?誰もこんなそこらへん歩いてそうなコンパチがひょっこり出てきてほしいとは望んでないでしょ・・・。

 

さすがにこのコンパチがラスボスではなくて一応変身するんですけど、変身後の姿が鳥山デザイン(?)のコレ↓

 

 

満を持して出すなら最初からこれにしとくか、もしくはこれをベースに未完成のデザインにするとか、そういう演出にすべきじゃない・・・?

 

まとめスレだと遊戯王のE・HEROでは?っていわれる始末。

 

 

とにかくラスボスはがっかりでした。強さもいつもどおりで、使ってくる技の効果もよくわかんないまま一発でクリアできる程度だったし、なんだかなあ・・・。ラスボスに限らず「自戦士・天地・バト・僧侶」で全部事足りる始末。

 

ストーリーはもうあれです。DQX自体が「時間」を題材にしているので、5000年前に行ったり来たり、過去改変したりダメだったりの繰り返しなんで、相当に収集つかない感じになってて、ご都合設定出しまくりな印象でした。ご都合設定出しまくってとりあえず風呂敷たたみましたって感じ。あと主人公の表情動きすぎ&違和感ありすぎ表情ダサすぎ。ほんとひどい。

 

 

ラスボスが頑張って世界を崩壊して、文字通り主人公以外死滅した世界になってましたが、そこから世界を直していく描写はヴァルキリープロファイルのそれだったけど感動具合が天と地の差があるっていうね。まとめスレの感想の中に、せっかくぶっ壊れた魔塔復活させんなや!って書いてあって笑いました。ほんとだよ!

 

※魔塔とは…DQXの大失敗コンテンツの1つ。天を貫きそびえ立つ神秘的な塔。そのロマンしか感じさせない見た目とは裏腹に、いざ実装されて中に入ってみると20階建ての激低の塔を繰り返し登らされるゴミコンテンツ。あまりに不評で一度手が加えられるも根本的なゴミ具合は何も変わっておらず、スタッフも当分手を加える元気がないと諦めている始末。もういっそ壊れたままでいてくれれば・・・。

 

そんなこんなで、スーパー陳腐なバージョン4の物語は幕を閉じました。最後のシーンで魔族らしき人物が登場してたので、バージョン5はみんなの予想通り魔界編な気がしますね。

 

ちなみにこれまでのDQXのラスボス(変身前→後)は以下の通り。

 

ver.1 冥王ネルゲル → 冥獣王ネルゲル

ver.2 大魔王マデサゴーラ → 創造神マデサゴーラ

ver.3 虚空の神ナドラガ → 邪竜神ナドラガ

ver.4 時獄獣キュロノス → 時元神キュロノス

 

ver.5は、おそらく「異界滅神ジャゴヌバ」さんになるはず。

 

これが変身前だとすれば変身後はなんでしょうね?

なんにせよナンセンスなネーミングになることは間違いなさそうです。

 

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Selected Entries
Categories
Links
Archives
Search this site.
Others
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM