<< 絶対に今の忍屋のほうが面白い | main | ハードルを上げていくスタイル >>

長門インパクト

2019.10.02 Wednesday

Twitterで、かつての長門スキー仲間から声がかかって、長門さんを一筆描いてくれない?って言われたので描いてました。

色塗りで迷いまくって合計で2時間くらい。

 

 

なんかね〜もう駄目。

長門さんって私の中で相当に強烈な存在なんですよ。

 

「後にも先にも」って言葉があるじゃないですか。

 

でもこの言葉って「後にも」の部分は確証をもてても「先にも」の部分には確証なんてもてないから、使いにくい言葉だなってよく思ってたんですね。でも、長門さんに関しては使えてしまう。このキャラクターを超えて愛せるキャラって、後にも先にも出てこないだろうなって思えてしまう。

 

そのくらいに強烈な存在なんです。

 

で、何が駄目かって話ですが・・・

 

せっかく忍屋に全振りだった私の意識が崩れかけるんですよね。

もう長門さんを1枚描くだけでもうやばい。

 

10:0だった意識が、一瞬で5:6くらいになってる。

いかん、いかんですよ!

早々に戻さねばなりません。

 

こんなだから、長門さんもとい同人誌とゲーム制作を並行してやるのは無謀だってのがよく分かると思います。

 

ちょうど日記の記事カテゴリ数を見ても、絵と忍屋が並んでるんですよ。

負けてられません。このまま追い越してやる勢いでがんばります。

 

私戻します、必ず戻します。

 

シナリオを1から読み直して精神集中するのです。

大丈夫、まだ傷は浅い。

一撃でHPの半分はもっていかれたけどまだ大丈夫。すぐ戻るから。

 

コメント
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Selected Entries
Categories
Links
Archives
Search this site.
Others
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM