<< GW6日目(山梨旅行3日目) | main | GW8日目 >>

GW7日目(DQ7コンサート)

2019.05.03 Friday

早起きして、早々にろあ邸を後にし、品川から新大阪へ。

新大阪で降りて兄と合流し、河内長野という辺境の地へ向かいました。

 

もうこの河内長野って場所が超行きにくくてかなり迷いました。

なんとか無事ついたからいいものの、今回もお昼が食べれませんでしたね。

 

 

今回のコンサートは珍しくて、まさかの始まるまでは撮影OKだったんですよ。指揮者の台にスライムがおいてあって、みんな行列をなして撮りまくってました。

 

 

スタッフ「スライム最後尾はこちらでーす」

 

 

そんなコミケでも聞くことがないセリフが飛び交ってました。

 

そして問題の演奏。

 

指揮者の渡邉さんは、これまでも何度か聞いてたんですが音の爆発力がすごいんですよ。指揮者ひとつでこんなにも音ってかわるの?っていうのがわかります。前回のDQ9もそうでしたが、今回もすごかった。特に通常戦闘の「血路を開け」がほんとにかっこよかった。

 

あとは現代のフィールド曲「足どりも軽やかに」や町の「憩いの街角」であんなに感動するとは思いませんでした。「のどかな家並」はいわずもがな、DQ7の中でSクラスの名曲です。「魔法のじゅうたん」のフルートもさすがでしたね。「凱旋そしてエピローグ」は改めて聞くと、ドラクエとしては異質な感じがして好きです。

 

今回の総評としては、これまでのコンサートと違って音のひとつひとつの塊感がすごかった。なんだろうこれ。ひとつひとつがはっきり聞こえるんですよ。席が前から4列目だってこともあるのかもしれないけど、たぶんホールの作り的な話なのかなあ。とにかく音に迫力があって、指揮者にもマッチしてよかったです。すぎやんも元気そうでなにより。88歳ですよ。まだ作曲してるのが驚きです。

 

残すはDQ8と11。10はまあいいとして。

 

DQ8といえばラプソーン戦の「おおぞらに戦う」ですが、これも渡邉さんの指揮で聞きたいなあ。

 

帰りに大阪駅でうってた「わなか」のたこ焼きを買ったんですが、あれは偽物ですね。かつて食べた本物のわなかとは別物でした。新幹線で兄弟揃ってキリンビール飲みながら、広島へ帰宅。私はタクシーでやたらとテンションの高い運ちゃんにあたって、小話もそこそこに自宅へと帰還しました。

 

ただいま我が家!

嫁さんとも久々の再開です。

いいね、なんかしばらく会ってないと色々と思うところがありますね。

 

我が家最高!

 

---

 

11/4/29|福岡県(アクロス福岡シンフォニーホール)|DQ3

14/8/23|福岡県(アクロス福岡シンフォニーホール)|DQ4

15/7/26|京都府(京都コンサートホール)|DQ3

15/8/16|福岡県(石橋文化ホール)|DQ6

15/11/28|東京都(すみだトリフォニーホール)|DQ5

16/11/13|東京都(新宿文化センター)|DQ1〜3・4〜6

17/8/9|ニコ生(東京芸術劇場コンサートホール)|DQ11(初演)

17/9/9|京都府(京都コンサートホール)|DQ9

18/1/21|広島県(上野学園ホール)|DQ1〜3(ウィンドオーケストラ)

18/2/11|兵庫県(洲本市文化体育館)|DQ1〜3

18/7/8|京都府(京都コンサートホール)|DQ11(欠席)

18/7/21|広島県(上野学園ホール)|FF7(ウィンドオーケストラ)

19/4/28|東京都(東京オペラシティコンサートホール)|DQ1,2

19/5/3|大阪府(ラブリーホール)|DQ7

 

コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Categories
Links
Archives
Search this site.
Others
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM