<< この世界の片隅に | main | 木の芽どき脱却 >>

数字に根付いた印象

2019.04.03 Wednesday

忍屋のシナリオは、章が4つ。

さらにその中に22の節から成り立ってます。

 

第一章…1〜8節(8)

第二章…9〜14節(6)

第三章…15〜18節(4)

終章…19〜22節(4)

 

現状こんな分配になってます。

 

物語の節目として節を用意したんですけど、この数が中途半端だと無理に分割したりしたくなりません?ならない?

19、22は中途半端だけど、20、23、26はキリがいい感じ。

 

こういう自分のなかでキリがいい数字って人によって違いますよね。好きな年齢とか、ヒロインの身長とかにも作者の性格がでそうな気がします。得てして好きな数字って、どこかでみた数字だったり、好きなキャラのものだったりするんでしょうけどね。

 

154ってみたら長門さん!って思うし

708ってみたら長門さん!って思うし

15532ってみたら長門さん!って思うし

 

知らぬ間に記憶に根付いたものってあると思います。ドラえもんでいう129.3みたいなもんですかね。31って見ると単行本の最終巻ってイメージあるし、410ってみるとパパスのHPだなって未だに思います。

 

そんなわけで、忍屋の節も増減する可能性もありますが、そんなことかまってる余裕がないので、ひとまず22でいきます。ゲーム中に○節って表記をしないので、別にいくつでもいいんだけどね。

 

ちなみに22節中、1章の3つが新規で増えたので、ここを乗り切ればあとはマイナーチェンジだけで済みそうな気がしてます。してますがこの3つを埋めるのが大変でして。モチベを増やすたびにインプットを入れてるんですが、頼みの綱のSEKIROがあれだったのでしばし停滞してます。シナリオ乗り切ったらSEKIROの続きやりたいんだけどなあ。今はまだできそうにないですね。

コメント
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Selected Entries
Categories
Links
Archives
Search this site.
Others
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM