<< 同人誌、ポスターともに入稿完了 | main | 値札作成 >>

ハルヒの同人即売会

2018.07.08 Sunday

2019年6月30日に、ハルヒの同人即売会が開催されるようです。

15年たってもまだこうして開催されるってほんとすごい。

 

当然のように東京であるので、地方民の私としてはどうしたものか非常に悩みどころです。6/30ってことは夏コミ原稿の真っ只中だろうし(申し込んでたらの話)むしろ早めに取り掛かっていつもより薄い簡単な本を作るのもいいなあって思ったり。ちょっと憧れてるんですよね、あのフルカラーじゃないやつ。とかなんとか言ってたら行きたくなってくるよなあ・・・。

 

ハルヒに限らず、世間からみると終わったように見えるコンテンツもこうして生きてるわけですが、より自分の作品を見てもらうならフォロワーを増やすなり努力をすべきだと思うんです。だったら過去の作品ではなくて旬の作品に目をつけたほうが単純に人は増えるはずですよね。

 

実際、アニメは毎期見続けてますし、好きなキャラもいれば面白い作品もたくさんあります。

 

あるんだけど、長門さんに勝てないんですよね。

 

極論をいえば、私はハルヒという作品が好きなのか、長門さんが好きなのかと言われると非常に悩ましい問題です。実際、ハルヒという作品と他の作品を比べたときに、他の作品のほうが面白くない?って思っても不思議じゃないですし。なのでたぶん、私はハルヒが好きなのではなくて(もちろん好きなんだけど)それよりも長門さんが好きなだけなのでは?と思ってしまいますが、聖地巡礼して感動したり他のキャラや環境あっての長門さんと捉えることもできるので、なんとも断言はできないところです。

 

私の中でドラクエに次いで人生の一角に君臨しているのが長門さんでしょう。すごいねほんと。何がそんなにいいの?って言われてももうここまでくるとわかんないですよね。有り体の言葉じゃ安っぽい気がして。冷静に分析すると一種の暗示みたいなものだと思ってます。

 

柔軟に考えるなら、長門さんを見てもらうためにも他のコンテンツに手を出してみるっていうのは、ありなのかもしれませんね。

 

コメント
コメントする