<< ブログを書いたほうがいい理由 | main | 未来の購読者 >>

好きなものは何してもかわいい

2018.05.16 Wednesday

 

長門さんの可愛さって、ネコ的なものだと思うんですよ。

何考えてるかわかんないミステリアスな雰囲気。

 

ほら、ネコって何しても可愛いじゃないですか。

そろーって食卓の魚に手を伸ばしてる姿も可愛いじゃないですか。

香箱座りしてジッとしてるだけでも可愛いじゃないですか。

そういうことだと思うんですよ。

 

いやいや、それは好きなキャラだからじゃない?って話ですけど、もともと備わってるキャラの性格に依存すると思うんです。濃いキャラ性格が施されてる場合、そこに生まれるのは可愛いさではなくて違和感だと思うんですよね。

 

たとえば上の漫画が、長門さんではなくハルヒだった場合。ハルヒは赤面するだろうな、それとも逆上するかなって決まった分岐が見えるんですけど、長門さんの場合分岐がないというか。

 

うーん書いてて思いましたけどダメですね、やっぱり好きだからだと思います。ハルヒ好きな人ならきっと何しても可愛いんでしょうね。こないだの愛すべきクソゲーのようなものです。好きになったらどんなものでも好きなんですよ。

 

そんなわけで、長門さんは可愛いということで一つお願いします。

 

なんでこんな漫画書いてんだって話ですが、コミケのフリーペーパー用のあれです。漫画のせようかなっていってたやつ。コミケの当落まであと3週間とちょっと。どちらに転んだとしても、当落がわかる前の高揚感はすごいですし、楽しみなんですよね。

 

Web拍手レス

今回の記事でブログ書くことを決意しましたよ。前々から興味はあったけどついに実行です。毎日更新はとてもできそうにないですがとりあえず徒然なるままにそこはかとなく書き連ねてみます。 10年続けているナナさんが改めて凄いなと感じるばかりです

 

記事の流れでブログ書きましょうって言葉になりましたが、書いてあるようにスプレッドシートなどでも全然ありだと思います。ブログが続かなくなる理由って人それぞれだとは思いますが、その多くは見てもらう相手を意識しちゃうからだと聞くので、そもそも見せるようのものでないなら続くのかな、とも思いました。

コメント
コメントする