ギュメイ将軍

2017.12.27 Wednesday
今日のアプデで実装された、新ボス「ギュメイ将軍」と戦ってきました。



もうね、弱すぎて何もかくことがないレベルです。
出た当初の感覚でいけば、DQX史上最弱な気がします。

DQ9で登場したギュメイ将軍。立ち位置もかっこよかったのにね、可哀想に。きっとこのあとで他のボスとセットで出すつもりだろうから、そのためのバランス調整なのかもしれないけど、それにしても弱い。

一応覚書しておきます。

---

構成:戦・まも・魔戦・賢者など(今回は戦・まも・魔戦・僧侶でした)
耐性:おびえ・光耐性
有効フォース:闇

■攻略法
タゲられたら逃げて、他が壁をしっかりする。

■切り上げ
「切り上げ」が唯一厄介なので、後出しジャンケンをしっかり。
イカの回転アタックをよけるくらいの猶予しかない。
技名を見てから真横に逃げれば回避可能。
タゲ追尾してくるので回ってよけつつ、周りを巻き込まないように。

以上。

なんのためにLv100になってんだよ〜〜ってくらい弱いです。
不安西先生、強敵と戦いたいです・・・。
-----

全職レベル100特訓10000

2017.12.25 Monday
終わってみればそこまでメタキンコインを使うことなくカンスト達成。
天地雷鳴士の特訓10000ためるのが面倒かなって思ってましたけど、日課や週課でかなり溜まるもんですね。ピラで相当たまるのは意外でした。



いやあ、ドラクエもとうとう100レベルになったんですね。ver4.2にはキャップが105になるらしいので、それまでにメタキンコイン貯めておこうと思います。

カンストさせることにもちゃんと意味があって、カンストさせるとスキルポイント合計が3774Pになり、余すこと無く使うことで出せる職が増やせるんですね。レベル上げてステータスが1しか上がらないから急いでやる必要ないって言う人もいますが、ステータスの増加よりも出せる職が増えることのほうが意味があると思います。

現状私が出せる職は、戦士・僧侶・魔法・パラ・魔戦・賢者・まも・天地になりました。これらが180Pまで振れてる職です。次点で盗賊・旅芸・踊り・占い。150P〜160P止まりですが、行くボス的に支障はない感じ。他はパッシブ止まりです。使うことないしね。

27日には新ボスも出るので、それまでにレベル上げが間に合ってよかったです。新しいディレクターの安西さんも不安西なんて言われてますが、まだまだ遊べるゲームだと思います。
-----

クリスマスイベント後編

2017.12.19 Tuesday
こんなときにDQXなんてやったらバチがあたるよって言った次の日にDQXやってるのが私です。通常運転です。

いや違うんですよ。何も違わないんだけど違うんです。

今日はね、会社の5Fをワンフロア全部あけないといけないっていうので、終日肉体労働だったんですよ。それでもうヘロヘロで帰ったら眠くって眠くって。作業する元気なかったので、ドラクエの放置してたクリスマスイベント後編やったってお話です。

DQ9をやったことある人なら、おおーーってなる展開。まさかのサンディ登場です。登場ですけどサンディの名前はでなかったですね。というかサンディいつの間に妖精の女王になったの。



DQ1〜3はロト編。
DQ4〜6は天空編。

ここまでは有名だけど、スクエニ社内ではDQ9と10が方舟編と呼称していたようです。なのでテンチョーがいるのもサンディがいるのも不思議なことではないんですけどね。

シリーズ通して同じ名前でプレイしていると、こういうイベントのときにウルっときてしまいます。あっちのチキは元気してるかなあとか、思っちゃいますよね。

今回のイベントはプレイヤーがサンタ役になって、別のプレイヤーの家にプレゼントを届けるっていう粋な演出だったんですが、私の家にかえったらプクリポのサンタがちょうど来てました。サンタがきたよ!って言ってくれて嬉しかったですね、こういうのはとてもMMOっぽくていいとおもいます(ちなみにプレゼントはふくびき券12枚でした)

さてさて、明日からまた制作がんばりますかね〜。
-----

元帥になりました

2017.12.05 Tuesday
アストルティアを防衛しまくって最高位の元帥になりました。
(実際は一週間くらい前になってました)
肩の色が赤いのが元帥の証。



なんで元帥が前線で戦ってんだよ!ってところまでがテンプレです。

野良で固定組んで討伐するの楽しいですね。いろんな人たちに出会えるし、いろんな戦略があるのも勉強になります。たまーにギスギスしますけどね。それもまた野良ならではというか。

これでまたひとつver4.0でやることがひとつクリアしたので、そろそろ創作活動に戻ろうかなあ。良い感じにモチベも溜まってきましたし。

やっぱりあれなんですよ、創作活動のやる気が起きないときって、他にやりたいことがあるってことなんですよ。だったらそっちを優先して楽しんで終わらせてから創作にもどったほうがみんな幸せってもんです。

でもまあ、大抵モチベが上がってきたあたりで、次のアプデがきたりするんですけどね。

Web拍手レス


なにかとリトライ早いゲームの方がやりやすいですよねー
見つかってもすぐ撒けてそこから再挑戦できるのはすごくありがたい形です


別マップへ移動しても警戒解除されるようにしようと思ってます。
あとは落ちたら死ぬようなマップでのセーブポイント配置が悩ましいところですね。

アストルティア防衛軍

2017.11.24 Friday
先日、ver4の目玉コンテンツであるアストルティア防衛軍はクソみたいなこと言ってましたが、その印象もさして変わることなく一日中やってました。この中毒性やべえなこれ。



野良は寄生職が跋扈しまくってるので厳しいことが多々あります。(寄生職って一発変換できたんだけどなんだこれ・・・)
もうね、テントの裏でさぼってるやつとか見かけたら通報してやりたくなるけどできないもどかしさ。人を恨んではいけないよとDQ11で聞きましたが恨みまくりなアストルティア防衛軍。自分の自制心との戦いでもありますね。

野良でも、パラ2で結界をまもったときは楽しかったです。

当たり前ですが固定メンバーでやるとやたら楽しいですね。討伐目的だとほんと楽しいですね。やっぱりMMOは人なんだよなあ。ひとまず野良だけで実績は50までうめたので、あと30は固定でいけたらやりたいなあ。


-----

ver4.0クリア

2017.11.19 Sunday
やべえよ・・・DQXおもしれえよ・・・。

もうね、私がDQXを褒めてるって時点で相当レアだと思うんですけど、お世辞抜きでほんとに楽しめました。ver4.0はちゃんとナンバリングにふさわしいドラクエだと思います。楽しさ具合でいえばDQ11をプレイした時に似たものを感じましたね。言いすぎかもしれないけどver3のクソっぷりと比べるとそう見えても仕方ないです。

これほんとにいつか、オフライン版としてDQXでるんじゃないかなあ。というかオフラインでいいよなあ。MMOだと、1人しかいない設定のはずなのに他のプレイヤーがわらわら映ってて萎えるんですよね・・・。カメラ時は非表示にできても常時はできないもんなあ。

そんなこんなで、土曜は3時半まで起きて本編クリアしてきました。
何がすごいって、本編以外のクエストも全部クオリティ高いんですよね。数もかなり多かったし、これぞプロの仕事!って感じでした。DQ11が終わったことでスタッフが戻ってきた感あります。

ボリュームも楽しさも、ver3の4倍くらいはありました。すげえよ、新ディレクターの話によれば、こんなボリュームが短いスパンでじゃんじゃん更新されるんでしょ?超楽しみなんだけど・・・。

そうそう、すぎやんの新BGMは2曲確認できました。
フィールド曲とラスボス戦です。もしかしたらラスボス戦付近で2曲あったかなあ・・・。
ver3は全部通して新曲3つという衝撃の事実だったのでこの時点でBGMもがんばっているのでは!?

DQXはMMOだけど、一番力をいれてるのはストーリーっていうのは間違っていないようです。そしてそれが終わっても、エンドコンテンツとしてver4.0からは敵から装備品がドロップするようになりました。このハクスラ的な楽しさがとてもよい。

(そして遂に着れたエテーネの服かわいい)

ずっと引きこもってたプレイヤーたちも、みんなこの白の宝箱を目指してフィールドにでていきました。私も久々にフィールド狩りしてましたが夢ありますねこれ。写真のような光り輝く白箱がでた場合は、夢がつまりまくってます。実際今回ヴァンガードハット失敗HP埋め尽くし(180万G相当品)がでてすげー!って言ってました。黄の錬金石も消化できてとてもよいです。

新職業の天地雷鳴士はゴミ職として早くも噂が広がってますがとりあえず99レベルまではあげました。あとはぼちぼち他の職も100にしていきますかね。

いやあ、楽しいわDQX。

もはや人にはオススメしないけど、スイッチやPS4組が新規参入してるし、少なくとも今は相当楽しい時期だわ・・・。

Web拍手レス


そりゃあもちろん女心でしょう
女キャラは動かすのが難しすぎる…なんかいかにも理想の女ですよーって感じになってしまう


わかる!そんな女キャラを主人公にしてしまった日にゃ・・・う、うわあああ!!

金平糖がなんでトゲトゲの形になるのか科学で証明されていない話は好き

あと最近ノイタミの虐殺器官って映画があって、内容が『言語の起源』が証明されてなく、実は人間の言語は、例えればパソコンがどう動いてるのか理解してなく、そんなの知らなくてもパソコンはなんとなーく使える。ある時、男が虐殺を行わせる言語ソフトを開発してしまい世界中で虐殺が始まってしまうって話だったけど面白かったよ。

@バージョン4でもよろしく♪フィオナ


金平糖、なんか雪の結晶とかに似たものを感じるよね。なんでかわかんないけどそこにある設定ってロマンがあっていいよね。BLAME!の生きてる都市みたいなの。そういう意味でも現実世界では宇宙がそれなんだろうなあ。
ver4おもろいよ!
-----

ver4.0始動

2017.11.16 Thursday
ver4.0のアプデ日でした。
AmazonでDL版予約してたのでさくっと始められました。

これがDQのナンバリングタイトルだったら迷わずパッケージ版を買うだろうし、店頭に並んで買いたいレベルなんだけど、パッケージ版がまるで欲しくならないあたり、やはりDQXはナンバリングじゃないんだと思います(哲学

(アストルティア防衛軍の衣装)

色々やることはあったけど、ひとまずストーリー以外をさくっと終わらせてきました。

そして今回の目玉であったろう「アストルティア防衛軍」とやらをやってきましたが、期待通りに期待はずれでした。これがDQXの限界といわんばかりのレイド戦。せっかく相撲システムがあるんだからもっとこう防いでる感ほしいよなあ。パラが3人くらいでボスをくいとめてとか、戦士も扉をかばえたりさ。そういうのないと結局いつもどおり範囲攻撃してるだけなんですよね・・・。とはいえまだ2回しかやってないからそう感じただけで、きっとシステムが解明されていけば戦略性のあるコンテンツだったなんてことも十分ありえるので期待してます。

風景絵の資料が届かず、ゲーム制作もとくにすることがない最高の時期にアプデされた気がしてるのでしばらくドラクエしてると思います(
-----

ゲーム機最後のソフト

2017.11.15 Wednesday
Wiiというゲーム機が、最期を迎えました。

もうソフト開発自体はとうの昔に終わってたにも関わらず、それでもずるずるとWii本体のサービスは続いていたのは、我らがドラクエ10のためです。

DQXのためだけにWiiは永眠できずに、延命させられていたのです。おいたわしや。
おまけにWiiで発売されたにも関わらず、Wiiで完結できないなんて可哀想ですね・・・。

DQXももう5周年。Wiiもよく頑張りました。

ゲーム機最後のソフトってあまり考えたことなかったですが、調べてみたら、ゲーム機最後のソフト一覧なんてwikiがあるんですね。DQXを通じて初めて、ゲーム機最後のソフトというものに立ち会えたんだなあって思います。こうしてみると、ネトゲというかMMOがやはり多いですね。

この日を境に、Wii組のユーザーがごっそり減って名実ともにスカスカになるでしょう。

さらばWii。

ありがとうWii。

まあ、うちはPC版に移行してるので、Wiiはとっくに眠ってるんですけどね。


-----

アストルティア七不思議#1

2017.11.10 Friday
ドラクエ10には七不思議なんてものがあります。
単純に面倒くさいので、廃プレイヤーでも放置してる人がいるようなコンテンツです。

私も5年間放置してきたプレイヤーのひとりだったんですが、暇すぎて行ってきました。
アプデ前のこのスカスカな時期はやる人が増えるみたいですね。



はい。

このすごくしょっぱい○ー助みたいなのが七不思議のひとつ、首長竜です。
特定の時間帯、特定のサーバ、特定の天候、という条件が揃って、さらに出るかどうかは運ゲーという本コンテンツ。

1度目は晴れてしまって出現しませんでしたが、2時間後にまた様子見に行ったらちょうど曇ってきて現れました。あまりにしょぼい見た目だけど、出ると嬉しいもので、他のプレイヤーも喜んでましたね。こういう出るかどうかわからないけど待つっていうのはMMOならではの楽しさのように思えます。オフラインゲームに七不思議を盛り込むとしたら、条件はあったとしても、その条件時には100%出現させないといけないでしょうし。

さて、これであと6種あるわけです。

めんどくせーーー!
-----

学園の結末

2017.11.07 Tuesday
DQXの5年の歴史で害悪筆頭、アスフェルド学園。

ストーリーが完結した結果、その評判は上がるどころか地のどん底に落ちたわけですが、それでもディレクターから何かが語られることはありませんでした。

しかし、先日のスタッフが集まったドラクエ夜話で学園についてのお話がありました。



要約するとこうです。

Vジャンプ編集「学園について聞かせてください。私は無理でした。
三宅P「私も無理でやってない。
齋藤D「申し訳ない気持ちはあるが、ここで謝ってしまうと学園を好きな人たちに申し訳ないので謝ることはできなかった。

まさか社内関係者から「学園は無理」っていう言葉が聞けるとは思ってませんでしたが、この話を聞いて、まあそうだよなあって気持ちでした。そうなんですよ。不思議なことに学園が好きな人達が一定数いるみたいなんです。どんな作品にも共感してくれる人がいるっていうのはすごいことですね。

欲を言えば、本当に作りたい形でリリースできていたのかどうかが知りたかったです。前も言いましたが、今のような気持ち悪いキャラたちのいない、単純にフレンドたちで学園というエリアをキャッキャするだけのコンテンツであれば、全然ありだったんですよ。

大人の事情で仕方なくオフラインコンテンツみたいにするしかなくて、仕方なく今の形になったのなら、同じ作り手として仕方ないなって思わなくもないんですが、もし最初からこれを望んで作っていたのだとしたら擁護しようがありません。

今回の生放送で、学園は社内や関係者の間でも不評で、失敗だったという認識のようです。ディレクターもそこは理解していて謝りたい気持ちもあったという事実がわかっただけでもこの生放送に価値はあったなあと思います。

このディレクターの言葉をもって、学園はようやく幕を閉じたように思いました。めでたしめでたし。
-----