DQX(ver4.2)の近況報告

2018.07.18 Wednesday

さてさて、夏コミへ向けた記事ばかりで、最近DQXやってんのか?って思う人がこのブログに何人いるでしょうか。

 

いないでしょうね。

いないでしょうけど報告しておきます。

 

なぜなら、この日ver4.2の目玉コンテンツ「真夜中プリズラン」が実装されたからです。

 

 

なにかといえば「ケイドロ」ですね。

地域によっては「ドロケイ」とかいいますけど、私の周りはケイドロでした。

もうね、ドラクエってなんだっけ?っていう雑念は捨てねばなりません。

 

これアプデされるやいなや、まとめスレではさんざんな言われようだったんです。高速周回するためにドロボー側は逃げずにその場で待機して速攻捕まってを繰り返すみたいな。まとめスレの感想で笑ったのは「これ町の中走ってるだけじゃね?」ってやつでした。実際やってみたらちゃんとゲームとして成立してましたけどね。

 

正直このプリズラン、私は面白かったです。普通に楽しめましたし、自分だけのルートを見つけるのも楽しいし、捕まえる側も先読みするのが楽しかったり、結構当たりのコンテンツでした。ただあっという間に報酬を全部取り終えてしまったので、もうやる意味がなくなってしまったので二度とやることはないでしょう(仲間と組んでやると報酬ポイントがもらえないというクソっぷり)

 

そんなこんなで一ヶ月半待ったコンテンツは、ものの数時間で産廃になりました。そういうとこだぞ。

 

さて、ここで公式が出してるver4.2のロードマップを見てみましょうかね。

 

 

相変わらずかさ増しが激しいので使い回しを除外してみます。

 

 

うーーーん、この。

 

キャラクターズファイルは今のDQXを代表するかのような、とびっきりのセンスのなさが光るコンテンツでした。相変わらずの選曲に殺意がわいたのでさっさと終わらせました。

 

頼みの綱であるバトルコンテンツは新コインボスだけでしたが、実装翌日にフレンドと行って難なく倒して以来行っていません。強さ的には強くも弱くもないのでコインボスとしては適正だったと思います。どうせこのあと複数匹で登場するんだろうしこんなものでしょう。

 

そして最後のプリズランが冒頭で話したとおりです。面白かったんだけどなあ。やる意味がなくなっちゃいかんでしょ・・・。

 

後半のイベントは新規ストーリーがあったり新水着があったりするらしいですが概ね使い回しでしょう。そんなこんなで、しばらくDQXについて語ることはなさそうです。

 

防衛軍実績埋め

2018.06.15 Friday

アストルティア防衛軍、大元帥になってもまだ実績が残っているのでそれをフレンドたちとやってきました。もう慣れてきた人たちと組むと討伐が楽なこと楽なこと。7勝1敗とかだったのかな、連勝しすぎてもういっかってなって2時間経つことなくやめました。

 

これで防衛軍もやることは一通りおわり、あとはなんだろうなあ。レベル上げか、それとまだ聖守護者をクリアしてない人の手伝いをするか・・・やることがひとつ、またひとつと減るたびに、心の中で「そろそろ同人誌にとりかかろうよ!」って叫んでるもうひとりの僕がいます。いるんですよずっと。ずっと叫んでるんですけどね。なんだかんだ言い訳してるときに無理やり筆持たせてもなあって感じがして、まだペンが重いです。

 

この中途半端に完成させてしまっているがゆえの弊害、なんだか忍屋のそれとそっくりじゃないですか。半端なところまで進めて一時撤退するっていうのは、危険な行為ですねえ・・・。

後追いガチ勢

2018.06.11 Monday

アストルティア防衛軍のマシン軍団を討伐しようぜ!って誘われていったパーティは、ガチ勢の巣窟でした。

 

たしかにね、最近ものすごい早いタイムで討伐する集団がいるって聞いてたんですよ。それに倣ってタイムアタックに挑んでる人たちが増えてるとは聞いてたけど、まさかここがそれだったなんてね・・・。

 

もはや報酬なんかは二の次で、いかに早く討伐できるかどうかの挑戦になってたんですけど、なんだかこれはこれで楽しい。何度も失敗してるんだけど、最初はこんなのほんとにいけるの?って具合から、みんな少しずつ慣れてきて、敵のHPの色が変わるようになり・・・当初の時間をすぎてもみんな熱が冷めないので再度チャレンジしまくってたら、やっと1回勝利しました!

 

(タイムは2分きってました)

 

1時間半くらいかかってようやく1回という、ものすごい効率の悪いことしてますけど楽しいからセーフ。

 

このボスHP600000はあるんですよ。

ヴァルキリープロファイルかっての。

 

(ログを見てもこのとおり)

 

それをドラクエのプレイヤーたちが倒しちゃうんだから、もうDQXも立派にインフレしてんじゃないかって思います。

 

いやあ、良い夢見させてもらいました。

 

 

・・・ん? 同人誌?

 

進めてますよ?

 

ほら、いろいろ調査とかあるから。

印刷関係とかさ、ね?

 

そんでもって明日はいよいよ例の学校の先生、初出勤なんですよ。

 

やばい緊張する。

 

こいつはあれか?

ベトナムの再来か!?

 

胃が痛いよ〜・・・・

 

最強レベル討伐成功

2018.06.06 Wednesday

冥骸魔レギルラッゾと獣魔ローガストの最高Lv3を、僧侶で倒してきました。

 

 

倒すだけなら天地雷鳴士で5/10に倒してたんですけど、あのときはまったく納得の行く勝利ではなかったので、あれからまったく違うメンバーと挑み続けてようやくの勝利となります。

 

 

構成は「僧天占パン」の肉3です。

討伐タイムもなかなかの速度でした。

 

このバトル、世間ではよくゾンビゲーって言われるんですよ。

どんな攻撃でもワンパンで死んで蘇生してを繰り返すからなんですが、ゾンビゲーで勝利するためには本当に細かい色んなテクが積み重なってようやく成り立つんだなってことが実感できます。ゾンビゲーしてるのになぜか勝てないって人は大抵このチリツモのチリ部分が少ないのが原因だと思います。

 

これで心置きなくこいつらから卒業できるというものです。

でも今はアストルティア防衛軍のボス討伐っていうミッションが残ってるんですけどね。

終わらないドラクエに震えろ(

 

大元帥になりました

2018.06.03 Sunday

終日ドラクエしてました。

帰ってきたモチベなら、私の隣で寝てます。

 

寝てるだけです。

いつでも起こせるので大丈夫です。

 

DQXはアプデ後ですからね、こういうのは周りが活気あるうちに遊ばないとね。

そんなわけでアストルティア防衛軍の新マップへ挑み続けて大元帥になりました。

 

 

大元帥になってもなぜか前線で戦うのがDQX。

 

大元帥の人募集!とかいって8人大元帥が集まるのはなんともシュールです。

夜は防衛ではなくて討伐に初参加したんですが、あと一歩のところで勝利できず。

しかし改善点もたくさん見えたし希望もみえたので次こそは倒せそうです。

 

ガンダムUCも18話までみたのであと4話で終わりです。

おもろいなあ。

 

FFとガンダムはどちらも初心者で、FFは1しかクリアしたことないし、ガンダムも初代しか見たことなかったけど、こうやって少しずつ見聞を広めるのも、悪くないかもしれないですね。

 

ver4.2クリア

2018.06.01 Friday

DQXのver4.2をさっそくクリアしてきました。

 

古代オルセコのストーリーはまあ特筆すべきものはないとして、現代に帰ってきてからのクライマックスはちょっとよかったです。まさか通常戦闘のテレレーに感動してしまう日がくるとは思いませんでした。これはなかなかいい演出。すぎやんが元気ないにも関わらず、既存の曲をうまく使ったDQXの中ではかなり貴重なイベントでした。

 

DQXの選曲の下手くそさは尋常じゃないですからね、余計にそう思えたのかもしれません。 ちなみに恒例の新曲は1曲だけありました。

 

さて、その昔ランガーオの村が襲われたときも、種族をオーガに変えてナラティブな楽しさを堪能してたんですが、今回まさかの4.2のラスボス戦で初戦全滅してしまいまして、そのままリベンジするのも癪だったので種族をオーガに変えていくことに。

 

 (帰ってきた用心棒のチキさん)

 

ボスの傾向からPTメンバー変えたらただの雑魚でした。

やはりオーグリード大陸を守るのはオーガ版チキさんじゃないとね!

 

はい、そんなわけでver4.2はおわりました、めでたしめでたし・・・ ・・・ってなればよかったんですが、お城に帰ったらアンさんと出会ってしまうver4のヒロイン、メレアーデさん。

 

 (大・特大・平)

 

私を巡った修羅場かと思いきや仲良くしてくれてました。よかったよかった。

 

今度こそおしまい・・・ ・・・かと思いきや、今度はメレアーデさんがエテーネの村に住み着いて、なんかいきなり猫飼いたいって言い始めたんですよ。何いってんだこいつ。

 

でね? 言われるがままに、集めることになったんですが・・・

 

 <なんですか?これ

 

・・・なんとかの森ですか?

さっきまでのシリアスな大冒険はどこへ・・・?

 

 <かわいくねえ!!!

 

猫がまじでかわいくない。

猫を集めるコンテンツなのに猫がかわいくないってアカンでしょ・・・。

 

こりゃ何も猫の可愛さをわかってねえやつのデザインだよ・・・。

女児向けの3DSソフトとかにありそうだよ・・・。

 

てか

 

 こいつと  こいつ

 

どうみても同じゲームの生物じゃないでしょ・・・なんなんだよあじで・・・

 

 <猫タワーを手に入れたわ!じゃないんじゃ・・・

 

何ゲーなんだ・・・俺は何をしているんだ・・・・・・。

 

6年前のあの日、俺はアストルティアに降り立ったんだ・・・。

 

五大陸を冥王ネルゲルの手から救い ←わかる

 

レンダーシアを大魔王マデサゴーラの手から救い ←わかる

 

学園に入学し ←?

 

ナドラガンドを邪竜神ナドラガの手から救い ←わかる

 

滅びの未来を回避すべく、5000年の時をこえて・・・ ←わかる

 

今、猫をあつめている・・・・・・・・ ←?????

 

ver4.2開始

2018.05.31 Thursday

DQXのver4.2ストーリーを進めないと遊べないコンテンツがあるということで、土日を待たずしてやることに。

 

毎度のことなんだけど、冥王を倒し、大魔王を倒し、竜神も倒し、人知を超えた力(Lv100時の台詞)を手にしたはずの私が、なんでこんな簡単に捕まるねんって思う。

 

(私に乱暴する気でしょう! エロ同人みたいに!)

 

本来なら小指で鎖とかぶっ壊せるでしょうに。

 

(Lv100戦士のナメプ)

 

いやしかし、職業的に戦士のバランスだけぶっ壊れてるせいで、Lv105になっても力+1しか上がらないらしいし、もしかして本当はか弱いのでは・・・?

 

まあ可愛いからなんでもいいんですけどね。

 

ハイエンドバトルに誘われたり、防衛軍にいったりでなかなか本編進みませんけど、土曜日は家でゆっくりできそうなのでさくっと終わらせたいと思います。

 

土日あたりでガンダムUC見終えて、火曜日はスト5のRAGEがあって、きたる金曜日は当落!もう月初めだし、そろそろニコニコプレミアにもどるかな〜〜〜〜〜〜( 'ᾥ' )

 

 

モチベの帰還

2018.05.26 Saturday

うちのモチベぇが不名誉をひっさげて帰ってきました。

いやあ、おかえりおかえり。

 

(DQXを6年近くプレイしてやっと5000時間)

 

なんで帰ってきたのかって理由を把握しておこうと考えたんですけど、それはたぶん、えぬさんパラさんとお話できたからかなあって。

 

モチベが家出している期間って、創作活動0なんですよ。何も生み出せていない自分が、頑張ってる人たちの前に出たくないっていう本能が働いているんです。なので、Discordにもインしなかったし、土曜の賢人の会にも参加してませんでした。自分が創作活動さえしていれば、なんの引け目も負い目も感じることなく参加できるんですけどね。

 

で、土曜日ですよ。この日もモチベ不在の私はひたすらドラクエしてて、深夜をまわってもまだしてて、ようやく終わった頃にふとSkypeを覗いてみると、お二人がまだ会話してて。つい、会話に入ってみなくなったんですね。それがきっかけで、今までインできてなかった理由なんかを話してると、その気持をわかってくれて。あれこれ昔話とか含めて雑談できて、肩の荷が降りた感がありました。ありがたい限りです。Skypeを終えたときには、自然と制作するか。って気持ちになってました。

 

このとき意外だったのが、忍屋つくらなきゃ・・・とかイナナキアをやるべきかな・・・?とか、そういうフワッとした気持ちではなく「同人誌、進めるか」っていう何をするべきかが明確に気持ちが固まっていたことです。理由はわかりませんけど、モチベが帰ってくるってことは、迷わないことなんだって思いましたね。

 

そんなわけで、明日から平常運転に戻ります。

 

魔祖討滅の勇士

2018.05.10 Thursday

やっとこさハイエンドバトル最強のLv3を討伐できました。

 

 

討伐速度も早かったのに、なんだかスッキリしない感じ・・・。

その理由はふたつ。

 

「準備しきれてないのに挑んでいるという状況」

「PTが一丸となって同じ方向を向いていないという状況」

 

今までエンドコンテンツのボスへ挑む際は、自分の納得できる状態まで準備してから挑めていたので、あとはプレイヤースキルを磨くだけ!って感じだったんですが、準備ができていない(時間的にどうもできない)っていう状況は初めてだったように思います。

 

もうひとつは、PTが一丸となって同じ方向を見れてない。戦闘への理解度がまばらで、かつ作戦がどこかふわっとしている。納得した状態で進められていない。けど運がいい一戦を引けて勝てましたね、って感じに見えること。

 

これじゃ勝っても勝った気がしません。

 

とはいえとりあえず勝てたので、一旦肩の荷が下りたのは事実。

あとはじっくり準備を進めて他の職でもいけるようにがんばりますかね。

まさかの不具合による討伐

2018.04.14 Saturday

先日実装されたハイエンドボスですが、本来であれば土曜日の今日が「最強」状態となるはずだったんですが・・・

 

まさかの「運営が不具合見つけたから、直るまで強さ1と2を繰り返すやで」って発表がありました。まじかよ。

 

そんなわけで、眠気に負けて倒せなかった強さ1の奴らと戦えるってことで挑戦してきました。

 

 

なんやかんやあって早朝に無事討伐。

称号ゲットしたのでLv2への挑戦権を得た気分です。

 

構成は流行りの「戦戦天僧」です。私は戦士でした。

 

<戦士の耐性>

ブレス80、呪い・混乱・おびえ・幻惑100

 

<主な行動>

・開幕は戦士2人が獣に向かって走り後方への移動を阻止

・真刃いれて、後出しジャンケンで攻撃

・エンドまでひっぱるとスタンがくるので引っ張らないほうが良い

・天地タゲだった場合、戦士がかばう

・獣をオンレジにしたあと骨をオレンジにして両方倒す手順

・覚醒の咆哮はロストアタック

・獣魔の咆哮もロストアタック

 

<真横で回避>

・シールドブーメラン

・シャドウウィスパー

・邪魂冥道波

 

<離れて回避>

・狂い咲き

・魔蝕

 

<ジャンプで回避>

・獄門クラッシュ

 

---

 

Lv2のほうはわけわからんくらい強いので、当面はこいつを倒すことが目標になりそうです。