紅殻破砕の勇士

2019.01.12 Saturday

ついに!ついに!!ついに!!!

 

最強の紅殻魔スコルパイドを倒してきました!

やったー!!

 

 

11月くらいから同じメンバーで挑み続けて、約2.5ヶ月。

本日ようやくの討伐です。

 

長かった・・・あまりに長かった。

 

前回までは、もう勝ってもそんなに嬉しくはないだろうとか思ってたんですけど、めっちゃ嬉しかったですね。声がでませんでしたもの。他の人も同様に泣きそうだったり震えてる感じでした。他の人も言ってましたが、ストーリーで世界を救うより救った感がありましたね。やっと、やっと世界に平和が訪れた・・・っていう。

 

毎回、Lv3のときは初戦だけ調子がよくて、あとはグダるみたいなパターンがあったんですが、この日は敵のAIの調子がよくて(いやらしい行動がおおくて)やたらと負け試合が嵩んでたんですが、それでもグダりながらもフォローしあって「残り12秒」ってところで討伐成功です。あと私事だけど、途中からPCが異音を発し始めて、終始メトロノームのように「ピーーーカン」って音が鳴ってて、精神がまったく穏やかではありませんでした。戦闘の方も順調にいって勝ったわけではなく、これまでいろいろとやられてきたあの手この手をすべて捌き切った上での勝利だから、なおさらに嬉しい。これが本当の勝利か・・・!って気分でした。

 

 

今後これ以上のボスをDQXチームは作り出せるんだろうかと不安になりますが、今はひとときの勝利の余韻を噛み締めたいと思います。ずっと一緒に戦ってくれたみんなありがとう。いやあ、途中何度も愚痴を言いたいときもあったし、自分自身がやらかしたことも沢山ありましたけど、それでもこうして達成できて、アストルティアでいい思い出ができました・・・。

 

クズからネタへ

2019.01.10 Thursday

DQXをやってると、ほんと人として成長できることが多いと実感するナナブルクですこんにちは。

 

まるでなにかの宗教っぽい出だしですが、DQXに限らずMMOというジャンルで人と接している以上、それは当然なんでしょうけど、リアルよりもより深い関係を気づくなんてことはざらにあると思うんですよね。

 

だって、たとえば毎日会っているはずの会社の同僚とは、一日のうちにどれだけ関わりがありますか?って話です。挨拶して、ちょろっと仕事の話してまた挨拶してさようならですよ。

 

しかしMMOの中だとどうなるか。

 

4人PTを組み、敵と戦いにいでかけ、ひとつのことを成し遂げようと奮闘するわけです。リアルでこんなことってそうそうあるもんじゃないですよ。しかしMMOだとこんな非日常を無意識のうちに繰り返しているわけです。

 

 

そりゃあいろんな感情が芽生えますよ。ひとつ戦いに行くまでに準備する資金もいるでしょうし、調べ物だって必要でしょう。会社だとなにか重要な会議かプレゼンかって思いますが、MMOだと日常茶飯事なわけです。ゲームの中で普段経験することのない経験をしまくっているわけですね。

 

普段使わない意識とか経験を重ねていると、その分いろんな感情が渦巻くもので。「いや、ゲームでしょ。楽しみなよ」って言う人もいますけど、MMOには紛れもなくあちら側に人が存在しているわけです。そりゃあ真剣にやらないとまずいでしょ。

 

 

嬉しいことも悲しいこともイラっとすることもたくさんあるわけです。そしてその中で自分がいかにクズな人間であるかを知ってしまう。そんな場です。

 

クズであることに気づいて、なぜそう感じたのか、なぜ自分の感情はここまで動いているのか。そんなことを考えられるたびに、またひとつ人として成長しているのだと思います。CPUではなく、他でもない「人」との関わりの中で生まれた答えですからね。そして気づけたことは、いつか作るはずのゲームのネタにしようとメモするまでがワンセット。

 

どうして自分はこんなにもクズなんだろうって落ち込むこともありますけど、クズでよかったのかもしれませんね。気づけないとネタになりませんから。

 

さそり年

2019.01.04 Friday

去年から延々と戦ってるDQXのサソリこと最強スコルパイドさん。

 

まじで勝てませんね。

 

勝ちそうー!ってなるときは何度かあるんですが、最後の最後で誰かがミスる。決定的なミスもあれば、ちょっとした立ち位置の問題とかそんなのもある。世間では亥年らしいですが、私達の中では未だにサソリ年が抜けきれません。

 

関係ないですがイノシシって「いのししどし」じゃなくて「いどし」なんですね。書いてて「いのししどし」なんか聞いたことねえなって思ったらどおりで。いや「いどし」も聞いたことなかったんですけど。ねーうしって順番に言ってたら、いぬいーって伸ばしてるじゃないですか。いーどしじゃなくていどし。いどし。

 

そんなことはさておいていい加減勝ちたいんですが、もはや何と競争してるわけでもなく、単純にさっさと開放されたいんですよね。

 

ん〜この感じ、忍屋のそれと似ている・・・・・・。

 

はやく・・・はやく開放されたい・・・

そう!こういうのだよドラクエX!

2018.12.11 Tuesday

久々にDQXで本気でワクワクしたのでそのご報告です。

 

そもそもなんでワクワクしないかって、運営が事前に全部バラしてるからですよね。事前に知ったほうがいいこともあるけど、少しでもサプライズがあると嬉しいものです。

 

今回あったサプライズは、ずっと前から実装されてたエンドコンテンツ「邪神の宮殿」関連なんですが、ここの中央に居座ってる巨大な像に異変があったんです。

 

 

バージョン4.4になったタイミングでその像へ渡れる光の橋が架かったんですが、その先の扉を調べても固く閉じていて何もなかったんですね。しかしある時、その普段は暗い巨大な像が光るようになりまして。少しずつ光が増えていくもんだから、これ全部光ったら扉開くんじゃね・・・?ってみんながソワソワし始めたんです。

 

そう!この感じ!

まじで何が起きるのかわからない、この感じよ!!

 

ワクワクしても扉がずっと閉じたままだったので、これただのイルミネーションじゃね?12月だし・・・なんて、これまでのDQXを皮肉るような感想もちらほら見られたんですが、0時を回った瞬間に「天獄の扉がひらいた!」っていきなり通知が来て焦りました。

 

その頃わたしは野良の防衛軍の真っ只中だったのでみんな焦りつつもさっさと倒して、速攻で邪神の宮殿へ。

 

 

ひ、ひらいとる・・・。

 

何が待ち受けているのか1mmもわからなかったので、とりあえず安定の戦士で挑戦してみようかなーって思ってたんですが、扉を調べるとクリア条件が提示されまして。

 

 

これを見て、最初は闇呪文のある賢者でいこうかと思ったんですが、冷静に考えると魔法戦士のほうがいいなって気がしたので、私は魔戦でいくことに。

 

中に入って現れたボスの見た目が使い回しで一瞬萎えてたんですが、強さが桁違いで一気に目が覚めました。野良8人パーティでしたがみんな似たような気分だったと思います。

 

たしか構成は「戦士・まも・バト・賢者・占い・魔戦・魔法・僧侶」だったと思います。そのうち魔戦はわたしですね。野良なのに職がほどよくバラけてて、魔法使いも僧侶もいてくれたのが助かりました。なんで構成こんなに覚えてるのかって、私がバイキをしょっちゅう更新してたからですね。

 

全員でMP400消費はマダンテぶっ放して達成。

闇属性5000ダメージはダークフォースかけてフォースブレイクして達成。

SHTで攻撃もたまたまSHTになってたタイミングでマダンテうって達成。

 

 

と初回なのに相当活躍できた感じでした。魔戦いいね。かっこいい。

唯一、魔法反射だけ達成できなかったけど3つ達成すればクリアなので、初回撃破成功です。うれしい!!これが一度負けてたらちょっと萎えてたんですが、サプライズでぶっつけ本番で挑んでギリギリ勝てるって最高のシナリオじゃないですか?

 

いやあ、久々にドラクエXを楽しめました。これぞMMOの醍醐味!って感じですね。

報酬のベルトは虫9%がついてましたけどあとがゴミだったので無事灰になりましたとさ。

 

バージョン4.4クリア

2018.12.09 Sunday

DQXのバージョン4.4をクリアしてきました。

 

(なんだか毎回拘束されてる気がする)

 

前回の話がパンチありすぎて今回はいたって普通な感じでした。以前買った分厚い設定資料集にかかれていたゴフェル計画のおはなしでしたね。端的に言えばノアの方舟計画のような話です。でもかなりざっくり描かれていて開発力の無さを感じました。

 

今回は1000年後の未来のお話でしたが、DQX自体はあと何年もつんだろうって考えると寂しくなったと同時にそんなに長く続かれても困るなって思いましたね。

 

(ルービックキューブと戦う私)

 

バージョン4.5に向けて、ちゃんと黒幕とか主要人物が退場したりといった盛り上がりは見せてくれたと思います。思いますけど設定とか演出とかガバガバだったのはこの際目をつむっておきましょう。

 

バージョン4は時空移動しまくりで、普通のゲームでは描かれずに終わるいろんな史実を見れていいですね。

まぎれもなく〜や〜つさ〜

2018.11.28 Wednesday

冬コミまで一瞬の油断も許されないギリギリの時期。

少しの猶予もないこの末期状態でも、変わらずやってくる。

 

それはまぎれもなく〜〜〜や〜つさ〜〜〜。

 

はい、やってきました11月最後のスコルパイドLv3。

 

こんな大変な時期にドラクエなんてやってる場合じゃないのは百も承知なんですが、そこには私以外の3人のパーティが待ってるんだから行くしかないじゃないですか!

 

2時間半くらい費やした結果、今回も勝てませんでしたけどね!!

 

とはいえ、今回は相当に収穫がありました。

忘れぬおうメモ書きしておきます。

 

・心を無にする(勝とうとかそういう気持ちを抜く)

・するとAI1とAI2が自然とわかるようになる

・敵が歩いてるときに攻撃しない

・敵と自分とが接触して壁が始まって初めて攻撃する

・こうすることで歩き○○を回避できる

・心の中でブラッドでしょ?魔蝕でしょ?と常に何かしら予測を立てて行動する

・正解かどうかではなく何かきたときにすぐ反応するため

・ライガーはバイキとウォークライと牙神昇誕があるときにうつ

・分散は2人受けを徹底する(賢者とリンクしてないまも、残りの二人)

・HPリンク更新とかモーションの長い技を使う前はジャンプを忘れずに

 

これくらいかな。

もうこれで実質私はクリアしたような気分になってます。

ミスらしいミスはなかったしね。あとはラグとか他パーティもミスらず動けるか。

 

問題は赤以降がまだ経験値が浅すぎること。

とりあえず上記を徹底すれば赤までは結構いけるようになったので、倒せるのも時間の問題でしょう。

 

おのれスコルパイド

2018.11.13 Tuesday

3日経ったので、再び最強スコルパイドに挑めたわけですが、まあ勝てませんでしたよね・・・。前回よりは惜しいところまで行ったんですけど、あのままやっても火力不足で時間切れだったんじゃないかなあって現状です。もういやだ・・・。自分含め、誰か一人のミスで死ぬっていうのは簡単ですけど、なかなか難しい問題ですね。

 

1戦目:Aさん「ミスった!ごめん!」→全滅して仕切り直し

2戦目:Bさん「ミスった!ごめん!」→全滅して仕切り直し

3戦目:Cさん「ミスった!ごめん!」→全滅して仕切り直し

4戦目:Dさん「ミスった!ごめん!」→全滅して仕切り直し

 

この時点で、約10分×4くらい経ってて、疲弊もさることながら、全員「自分は1回しかミスしてない」という認識なんですよね。でも4敗してる。自分は1回、自分以外が3回といった印象になる。

 

さらにはここに、システムバグのような「躱したのに躱せてない」とか「本来ありえないボスの挙動」など理不尽な攻撃が加わり、さらに全滅回数が増えます。自分はミスしてないのにバグに殺された、結果負けが嵩む。といった悪循環が続き、集中力も落ち、自分の動きも悪くなり、それが4人分・・・という、なんとも恐ろしいコンテンツなのです。


1戦目:ボス「絶の震撃やで」→全員余裕でジャンプしてたのに死亡

2戦目:Aさん「ミスった!ごめん!」→全滅して仕切り直し

3戦目:ボス「謎判定ブラッドウェーブやで」→完全によけてたのにあたって死亡

4戦目:Bさん「ミスった!ごめん!」→全滅して仕切り直し
5戦目:ボス「歩き熱波の波動やで」→歩いてやる技ではないのを歩いてやってくる

6戦目:Cさん「ミスった!ごめん!」→全滅して仕切り直し

7戦目:ボス「歩き魔蝕やで」→歩いてやる技ではn(ry

8戦目:Dさん「ミスった!ごめん!」→全滅して仕切り直し

 

これをみたら、自分は1回しかミスしてないのに8回も全滅してることになってますよね?

やべえよ今回のボス・・・。

 

もうこれ、リンク構成やめて、戦士構成にしない・・・?

少なくとも、他人のせいだって思わなくなるんじゃない・・・?

 

 

というか、冬コミの原稿やばくない・・・・???????

 

スコルパイド討伐ならず

2018.11.07 Wednesday

3日に1回訪れる最強スコルパイド戦。

 

 

頑張ったけど未だ勝てず・・・。

 

ただ毎回ちゃんと成長してて、今回は目標タイム通りにHP50%までいきました。ここまでくれば、あとは赤までいったときの血陣〜分散をうまく対処できれば、そして全員がミスなく立ち回れればクリアしたも同然な感じです。

 

いやあ、難しいね今回のボス。

 

難しいけど理不尽感0なので非常に楽しい。こっちがミスったから死ぬ。4人のうち誰かひとりでもミスれば即アウト、な気分でやってます。この感覚なんかに似てるなーって思ったらあれですね、大縄跳び。

 

FF14が大縄跳びって呼ばれてる理由ってもしかしてこれなの?ひとりこけたら皆コケる的な意味合いのことだったの?

 

いやあ、楽しい。

倒せてないけど。

 

ほんとは今日倒して楽になりたかったけど、私のスコルパイド戦はもうちょっと続きそうです。原稿やばいです。次の最強レベルと戦えるのは土曜日なので、そこで決着つけたいところですね・・・。

紅殻魔スコルパイドI討伐

2018.10.24 Wednesday

DQXのハイエンドバトル第二弾「紅殻魔スコルパイド」を倒してきました。

 

(討伐タイムは9分台でした)

 

DQXの世界でトップ層だと思われるプレイヤーが、初見もしくは2回目で倒してましたが、私はといえば上手に立ち回れるようになるまで8回はかかりました。つまり、ざっくり見てもトップ層は私の4倍は要領が良いということです。おまけにトップ層、つまりSAOでいうキリト君たちは自分で攻略法を確立していってるわけですから、数字以上にすごい人達ですよね。それでも挑戦するたびに上達していってるのがわかったし、今回のボスは良作だったように思います。

 

以下メモ書き。

 

 

構成:まも・まも・魔戦・僧侶

耐性:即死・毒(封印・混乱・幻惑・呪い)

攻撃力:飯込で530くらい

アクセ:Iは忠誠のチョーカーでよさそう

 

[開幕]

・ブラッドウェーブ(直線攻撃)に気をつけつつ後衛にHPリンク

[100〜51%]

・後出しジャンケンでタイガーを徹底

・壁更新でエンド付近になったらツッコミ待機で紅蓮の熱波を回避

・FB後はライガーをさっさとうつ(ザオトーンでデバフが消えるから)

・絶の震撃はジャンプ

・分散する災禍は集まってみんなで受ける

・クロススコルピオは刃受け

・デススコルピオは離れて刃受け

[50〜26%]

・円陣殺→ブラッドウェーブ→分散が確定行動なので、まわりこんでシャオシャオ

・覇軍の法は範囲の狭い竜の咆哮なので気をつけてツッコミ回避

[25%〜]

・ザオトーンアビスの放電は規則性があるので避けること

 

---

 

所感としては、常闇シリーズの総集編って感じでした。明日、明後日と敵のレベルがあがるので阿鼻叫喚となってる未来が見えます。このまま挑み続けてコミケの当落を待って、一気にモチベ放出したほうがいいのではなかろうか・・・?

 

全職Lv105カンスト

2018.09.30 Sunday

ひさびさのDQX報告。

 

 

例によってメタキンコインをさほど使うことなく全職Lv105になりました。

遊び人には特訓がないのでレベル上げ関連は当分やることないでしょうね。

 

これで心置きなく今月の25日に実装されるハイエンドコンテンツ第二弾のボスを迎えられるというものです。今度の敵はゾンビゲーじゃなくてひたすら固くて時間内に削り切るのが大変ってパターンらしいので普通に楽しみですね。

 

見た目はご多分に漏れず既出モンスターのコンパチでしたけど。

 

 (右が今回のコンパチボス)

 

コンパチだろうがなんだろうが面白ければいいんです。面白ければ。

 

Web拍手レス

・そもそも依頼タイミングが遅い・向こうの指定した日に指定してきた内容があがってこない・それが何度も続く ・あがってきても指定した内容と違う。ウチの会社にそっくり過ぎて草生えました。個人でも許し難いですが、法人でそれってヤバいですよねwあと、ヲタ婚を希望ならそれっぽいコミュニティに入ればって話ですが、その昔私もネトゲのオフ会的な(?)ものへ行った事を思い出しましたが、特段その現場に地雷な人がいた訳でもないのに、終わった感想をゲーム内で皆口を揃えて「ネットの繋がりはネットだけにしといた方がいいね」と書き込んでたのが印象的でしたwもっとクリエイティブなコミュニティであれば意見は違ったのでしょうかね?w

 

人によるんでしょうね〜。ネットのつながりがかけがえのないものになる場合だってあるでしょうし。

 

めくれてるのはパンツではなくスカートぉというツッコミは無しにして、台風来てるから、しょうがないですねw

 

ほんとだわ、パンツがめくれるってどういうことやねん…

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Selected Entries
Categories
Links
Archives
Search this site.
Others
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM