翠将撃破の勇士

2019.05.07 Tuesday

最強レベルの翠将鬼ジェルザークIIIを倒してきました!

タイムは15分15秒08となかなか優秀。

 

 

いやあ、今回は早かったですね。

前回のボスが2ヶ月半かかったので・・・。

 

今回は動画もこっそり撮ってたようでアップしてくれてました。

 

 

◆攻略法(魔戦)◆

 

・相撲は11秒で離脱>エンド誘発して壁に戻る(このときMPパサー)

・常に波動を意識し、波動なら右斜め前で避ける

・唱はツッコミ、威風はやいば受け

・大号令とばし後にFBの有無を伝える

・ボルケーノ中にフワフワわたあめ食べる

・黄色以降はツッコミ待機しつつ、波動を意識して範囲技はすべて回避

 

注意点は概ねこんなところです。

課題は後方へのビームそらしとか後方の位置確認とかですかね。

 

このボスの面白いところは、中衛職である魔法戦士がタンクをしてるところでしょうか。そして後衛の魔法使いも、今までのように砲台として動くのではなくて、かなり状況を見ながら、かつ暴走陣をリレーするのが絶対条件のようなテクを要求されてました。僧侶はいわずもがな忙しそうなんですけど。

 

前回のスコルパイドが大縄跳びだったのに対して、今回は多少のミスなら他がカバーできるかもっていう、ほどよいバランスの中に成り立ってたので、バトル班はなんだかんだ優秀なのかもしれませんね。

 

これで無事、現在の最強のハイエンドボスも倒せたので、心置きなく創作活動へ移行できるというものです。もとよりそろそろ真面目に動かないと、来月末のハルヒオンリーに何も間に合わないんですけど。

 

手始めに、あと1ヶ月ちょいで何ができるのか計画を練ってみないとですね・・・。

翠将鬼ジェルザークI

2019.04.17 Wednesday

ハイエンドボス実装ということで、前回のスコルパイドと同じメンツで「翠将鬼ジェルザーク」に挑んできました。

 

攻略組の配信を見てましたが、口をそろえてFFじゃねえか!って叫んでましたね。DPSチェックありで床一面にダメージ床が広がるさまを見てそう言ってたのでしょう。

 

(参考:エルおじ速報

 

事前知識はいれてたものの、実際にやってみると難しいもので、少しずつ技とか覚えてたんですが、覚えてる最中に死なずにズルズルと進んで、時間的にもう間に合わないなあって思ってたところで勝ってしまいました。ギリギリで勝てるとなんやかんや嬉しいですね。

 

 

討伐構成は「魔法・魔法・僧侶・魔戦」

 

意地でも装備は買いたくなかったのでブレス上もないわ踊るわの、耐性ガバガバの4人で挑んでました。

 

今回は魔法使い復権コンテンツっぽいですけど、魔戦ポジションが誰になるかかなあ。何にしてもその席が一番たいへんそうなのでそれをやることにします。世間的には相当雑魚ボスらしいんですが、得てしてまとめ掲示板なんかの声はでかいもので、実際自分らでやってみると大変なんですよね。

 

「聖守護者の闘戦記」第3弾

2019.04.11 Thursday

DQXのハイエンドバトル「聖守護者の闘戦記」の第3弾が発表されました。

 

第1弾は「ゾンビ系と獣系」のボス。

第2弾は「虫系」のボス。

 

種族特攻のアクセが大事になってくるバトルなので、敵の種族が「何系」なのかは非常に重要な問題でした。で、これまでユーザの間でいろんな噂が囁かれてたんですね。

 

そんなある日、運営がメンテナンスの際にポロッとリークしてしまった情報がこちら。

 

 

赤で囲った3つ。

 

聖護の結界・紅
聖護の結界・紫
聖護の結界・翠

 

これマップ名なんですが、上2つがハイエンドボスと戦うバトルマップなんです。となると、当然3つ目は次のボスと戦うマップになりますね。この「翠」という文字から、多くのプレイヤーが妄想し始めました。こういうお漏らしリークは好きです。正式な発表より盛り上がるもんね。

 

一番有力だったのが「翠」は緑色だから「植物系」だ!とする説。

おまけに、それを裏付けるかのような情報が次々と舞い込んできます。

 

植物はこれまで不遇だったからそろそろ脚光を浴びてもおかしくない。

状態異常「しばり」もマイナーなデバフだから植物ならやってきそう!

植物系最強といえば「ローズバトラー」に違いない!

ローズバトラーなら完全新規モデルでの登場!さすが派遣MMO!

ローズバトラーはDQ7だと「ヘルバオム」として登場してた!

 

 

そして最近、他のDQに「翠緑の魔棘ヘルバオム」というのが実装された!

 

 

ここでまさかの「翠」の文字・・・・!!!

もう確定じゃん!!!うおおおおおおお!!!!!!

 

 

 

 

 

か ら の !!!

 

 

 

 

 

公開されたのがこいつ!!!!

 

 

ドンっ!!!!誰!!!!????

 

 

 

 

 

いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

期待を裏切らないね。ここの運営は。

 

 

もう恒例行事になってますけど、ここまで誰も望んでない答えを出してくるのはある意味才能だと思うの。いや、ほんとすごい。しまいにゃサイバイマンだのプイプイだの言われる始末。ちなみにこいつは、Ver4.0のラスボスのコンパチです。

 

(引用元:エルおじ速報

 

新たにモデリングするパワーもモーション作るパワーも残ってない派遣MMOドラテンの明日はどっちだ!

 

バージョン4.5クリア

2019.03.20 Wednesday

本日アプデだったDQXのバージョン4.5クリアしてきました。

2017年から始まったバージョン4の物語がついに完結したわけです。

 

以下感想。

 

---

 

うーーーん、ひどい。

作りが、雑。

 

なんだか、DQXってバージョンの最後は毎回ひどいって言ってる気がします。ディレクターの安西が「ものすごいボリュームで、作るのが超大変、みんな喜んでくれるかいまから楽しみ」って何度も豪語してたものだから、どれほど長くてワクワクする話なんだろう!って期待してたら、全てが真逆でした。

 

ストーリー進めてて「次どうなるの!?」って思わない。「はぁ、結局なんとかなっちゃうんだろうなあ」って感じ。ご都合設定のオンパレードですべて解決していく中学生の考えたRPGツクールみたいな内容。むしろ中学生に失礼かもしれない。

 

マップは9割が使い回し。ただ使い回すこと自体は悪くないんですよ?悪くないけど演出が稚拙すぎて悪い印象しか与えない。そのすべてが、昔なにかのゲームで見たことある、今では誰でも思いついちゃう拙い演出だらけで萎えまくり。

 

特にがっかりしたのが、ラスボスが入っているであろう「繭」の中身。

2年前、こんな巨大な繭が突如現れたときはそりゃあワクワクしましたよ。

 

 

で、その中身がコレ↓

 

 

許さん。

 

繭といえば、嫌でもラスト感漂うとてもいい題材なのに、なんでこんなのにしちゃったの?国宝級のスタッフ集まってコレやっちゃダメでしょ・・・。最低限、誰でも思いつくところで考えても、繭の中に入ってそこが新規のラスダンだ!とかさ?繭があれだけ巨大なんだから相応の巨大な生物が入ってるとかさ?誰もこんなそこらへん歩いてそうなコンパチがひょっこり出てきてほしいとは望んでないでしょ・・・。

 

さすがにこのコンパチがラスボスではなくて一応変身するんですけど、変身後の姿が鳥山デザイン(?)のコレ↓

 

 

満を持して出すなら最初からこれにしとくか、もしくはこれをベースに未完成のデザインにするとか、そういう演出にすべきじゃない・・・?

 

まとめスレだと遊戯王のE・HEROでは?っていわれる始末。

 

 

とにかくラスボスはがっかりでした。強さもいつもどおりで、使ってくる技の効果もよくわかんないまま一発でクリアできる程度だったし、なんだかなあ・・・。ラスボスに限らず「自戦士・天地・バト・僧侶」で全部事足りる始末。

 

ストーリーはもうあれです。DQX自体が「時間」を題材にしているので、5000年前に行ったり来たり、過去改変したりダメだったりの繰り返しなんで、相当に収集つかない感じになってて、ご都合設定出しまくりな印象でした。ご都合設定出しまくってとりあえず風呂敷たたみましたって感じ。あと主人公の表情動きすぎ&違和感ありすぎ表情ダサすぎ。ほんとひどい。

 

 

ラスボスが頑張って世界を崩壊して、文字通り主人公以外死滅した世界になってましたが、そこから世界を直していく描写はヴァルキリープロファイルのそれだったけど感動具合が天と地の差があるっていうね。まとめスレの感想の中に、せっかくぶっ壊れた魔塔復活させんなや!って書いてあって笑いました。ほんとだよ!

 

※魔塔とは…DQXの大失敗コンテンツの1つ。天を貫きそびえ立つ神秘的な塔。そのロマンしか感じさせない見た目とは裏腹に、いざ実装されて中に入ってみると20階建ての激低の塔を繰り返し登らされるゴミコンテンツ。あまりに不評で一度手が加えられるも根本的なゴミ具合は何も変わっておらず、スタッフも当分手を加える元気がないと諦めている始末。もういっそ壊れたままでいてくれれば・・・。

 

そんなこんなで、スーパー陳腐なバージョン4の物語は幕を閉じました。最後のシーンで魔族らしき人物が登場してたので、バージョン5はみんなの予想通り魔界編な気がしますね。

 

ちなみにこれまでのDQXのラスボス(変身前→後)は以下の通り。

 

ver.1 冥王ネルゲル → 冥獣王ネルゲル

ver.2 大魔王マデサゴーラ → 創造神マデサゴーラ

ver.3 虚空の神ナドラガ → 邪竜神ナドラガ

ver.4 時獄獣キュロノス → 時元神キュロノス

 

ver.5は、おそらく「異界滅神ジャゴヌバ」さんになるはず。

 

これが変身前だとすれば変身後はなんでしょうね?

なんにせよナンセンスなネーミングになることは間違いなさそうです。

 

全職Lv108カンスト

2019.02.07 Thursday

ついに全職業カンストしました。

 

 

下手にカンストしてしまうとやることがなくなってしまうので、週課とかペアチケで無理せずあげてたんですが、バトルトリニティの影響で「経験値の聖典」が中途半端に溜まってしまって本日カンストしてしまいました。経験値の聖典というアイテムは使うと25000経験値が入ってきますが、一度に持てる数が20個という制限付きだったので、溜めておくわけにもいかず、使わざるを得なかったんですね。

 

よくいろんなMMOで「経験値○倍キャンペーン」とかやってますが、DQXは最高で4倍まで増やせます。ただこれは79レベルまでのお話。さらに新職業に限っては無効です。というわけで、我々にはすでに関係のない話ですし、Lv93以降は次のレベルに必要な経験値が固定で「959346」という馬鹿みたいに多い数字なので、後追いで始めた人たちにとっては相当に苦痛なはずです。発売組の私達は別に苦じゃないんですけど、新規は大変だろうなっておもいますよね。

 

おまけに何がクソかって、後半になるにつれて1レベルあがったところでステータスが全然あがらないし、新しい技を覚えるわけでもない。ただレベルという数値が上がってるだけに等しいという絞りっぷりです。公式の掲示板でもそうですし、まとめスレを見ても同様にかなり荒れてる状況です。隣のFF14は未だに70で止めてるっていうのに、DQXはキャップあげるだけあげて結果ゴミっていう体たらく。少しは見習ってほしいものです。

 

定期的に行われるアストルティアの調査によれば、全職業がカンストしてる割合って1%切ってるくらいらしいので、相当みんなやってないんでしょうね。そりゃハイエンドバトル行くのも一部って言われますよ。

 

これでまたひとつやることがなくなったDQX。防衛軍も全実績うめて、スコルパイド3も倒して、次のハイエンドバトルがくるまで当分やることなさそうだなあ・・・ないのにログインしてるのが問題なんだよなあ・・・。

 

最悪だったらしいシナリオ

2019.01.24 Thursday

はい、いつものDQX記事です。

 

ここ最近「シナリオで悩んでるんですよ〜プロの現場はすごいなあ」って話をしたばかりなんですが、プロの現場がやらかしたってお話です。

 

何かと言えば、DQXの最新クエストが、過去最高に糞だったという話なんですが。

ただちょっと、いつもと様子が違うんですよね(私の)

 

あまりに糞だったのは言うまでもないんですが、DQXのクエストが糞であることに慣れすぎてしまって、もはや感想を抱くという行為をしなかったんです。全3話構成のシナリオだったんですが、1話の時点で最高に糞だったので、なんの期待もしないまま最後までプレイして、そこに残ったのは「虚無」だったっていう感じです。

 

クリアした翌日、まとめスレの感想を見て正気に戻ったというか。

 

そうか、そうだよな、糞だったよな。

もう何もかも最高にひどかった。

うん、ひどかったよ。忘れてたわ・・・。

 

DQXをやっていて、もうとっくにドラクエだとは思ってないんですけど、それでも面白いときもあるんですよ。あるんだけど、反面最高にひどい場面を何度も見てきたわけで、それゆえにどんな事態が起ころうと「感情を殺すこと」にしているんだと思います。糞なシナリオを見るたびに怒ってたらキリがないですからね・・・。

 

いやあ、ほんとにひどかったんだけど、学園とか、ver3とか、猫あつめとか、色々あったじゃない?

事前に同レベルかそれ以上にひどいものを見ていると、人って冷静になれるんだなって思いましたよね・・・。

 

紅殻破砕の勇士

2019.01.12 Saturday

ついに!ついに!!ついに!!!

 

最強の紅殻魔スコルパイドを倒してきました!

やったー!!

 

 

11月くらいから同じメンバーで挑み続けて、約2.5ヶ月。

本日ようやくの討伐です。

 

長かった・・・あまりに長かった。

 

前回までは、もう勝ってもそんなに嬉しくはないだろうとか思ってたんですけど、めっちゃ嬉しかったですね。声がでませんでしたもの。他の人も同様に泣きそうだったり震えてる感じでした。他の人も言ってましたが、ストーリーで世界を救うより救った感がありましたね。やっと、やっと世界に平和が訪れた・・・っていう。

 

毎回、Lv3のときは初戦だけ調子がよくて、あとはグダるみたいなパターンがあったんですが、この日は敵のAIの調子がよくて(いやらしい行動がおおくて)やたらと負け試合が嵩んでたんですが、それでもグダりながらもフォローしあって「残り12秒」ってところで討伐成功です。あと私事だけど、途中からPCが異音を発し始めて、終始メトロノームのように「ピーーーカン」って音が鳴ってて、精神がまったく穏やかではありませんでした。戦闘の方も順調にいって勝ったわけではなく、これまでいろいろとやられてきたあの手この手をすべて捌き切った上での勝利だから、なおさらに嬉しい。これが本当の勝利か・・・!って気分でした。

 

 

今後これ以上のボスをDQXチームは作り出せるんだろうかと不安になりますが、今はひとときの勝利の余韻を噛み締めたいと思います。ずっと一緒に戦ってくれたみんなありがとう。いやあ、途中何度も愚痴を言いたいときもあったし、自分自身がやらかしたことも沢山ありましたけど、それでもこうして達成できて、アストルティアでいい思い出ができました・・・。

 

クズからネタへ

2019.01.10 Thursday

DQXをやってると、ほんと人として成長できることが多いと実感するナナブルクですこんにちは。

 

まるでなにかの宗教っぽい出だしですが、DQXに限らずMMOというジャンルで人と接している以上、それは当然なんでしょうけど、リアルよりもより深い関係を気づくなんてことはざらにあると思うんですよね。

 

だって、たとえば毎日会っているはずの会社の同僚とは、一日のうちにどれだけ関わりがありますか?って話です。挨拶して、ちょろっと仕事の話してまた挨拶してさようならですよ。

 

しかしMMOの中だとどうなるか。

 

4人PTを組み、敵と戦いにいでかけ、ひとつのことを成し遂げようと奮闘するわけです。リアルでこんなことってそうそうあるもんじゃないですよ。しかしMMOだとこんな非日常を無意識のうちに繰り返しているわけです。

 

 

そりゃあいろんな感情が芽生えますよ。ひとつ戦いに行くまでに準備する資金もいるでしょうし、調べ物だって必要でしょう。会社だとなにか重要な会議かプレゼンかって思いますが、MMOだと日常茶飯事なわけです。ゲームの中で普段経験することのない経験をしまくっているわけですね。

 

普段使わない意識とか経験を重ねていると、その分いろんな感情が渦巻くもので。「いや、ゲームでしょ。楽しみなよ」って言う人もいますけど、MMOには紛れもなくあちら側に人が存在しているわけです。そりゃあ真剣にやらないとまずいでしょ。

 

 

嬉しいことも悲しいこともイラっとすることもたくさんあるわけです。そしてその中で自分がいかにクズな人間であるかを知ってしまう。そんな場です。

 

クズであることに気づいて、なぜそう感じたのか、なぜ自分の感情はここまで動いているのか。そんなことを考えられるたびに、またひとつ人として成長しているのだと思います。CPUではなく、他でもない「人」との関わりの中で生まれた答えですからね。そして気づけたことは、いつか作るはずのゲームのネタにしようとメモするまでがワンセット。

 

どうして自分はこんなにもクズなんだろうって落ち込むこともありますけど、クズでよかったのかもしれませんね。気づけないとネタになりませんから。

 

さそり年

2019.01.04 Friday

去年から延々と戦ってるDQXのサソリこと最強スコルパイドさん。

 

まじで勝てませんね。

 

勝ちそうー!ってなるときは何度かあるんですが、最後の最後で誰かがミスる。決定的なミスもあれば、ちょっとした立ち位置の問題とかそんなのもある。世間では亥年らしいですが、私達の中では未だにサソリ年が抜けきれません。

 

関係ないですがイノシシって「いのししどし」じゃなくて「いどし」なんですね。書いてて「いのししどし」なんか聞いたことねえなって思ったらどおりで。いや「いどし」も聞いたことなかったんですけど。ねーうしって順番に言ってたら、いぬいーって伸ばしてるじゃないですか。いーどしじゃなくていどし。いどし。

 

そんなことはさておいていい加減勝ちたいんですが、もはや何と競争してるわけでもなく、単純にさっさと開放されたいんですよね。

 

ん〜この感じ、忍屋のそれと似ている・・・・・・。

 

はやく・・・はやく開放されたい・・・

そう!こういうのだよドラクエX!

2018.12.11 Tuesday

久々にDQXで本気でワクワクしたのでそのご報告です。

 

そもそもなんでワクワクしないかって、運営が事前に全部バラしてるからですよね。事前に知ったほうがいいこともあるけど、少しでもサプライズがあると嬉しいものです。

 

今回あったサプライズは、ずっと前から実装されてたエンドコンテンツ「邪神の宮殿」関連なんですが、ここの中央に居座ってる巨大な像に異変があったんです。

 

 

バージョン4.4になったタイミングでその像へ渡れる光の橋が架かったんですが、その先の扉を調べても固く閉じていて何もなかったんですね。しかしある時、その普段は暗い巨大な像が光るようになりまして。少しずつ光が増えていくもんだから、これ全部光ったら扉開くんじゃね・・・?ってみんながソワソワし始めたんです。

 

そう!この感じ!

まじで何が起きるのかわからない、この感じよ!!

 

ワクワクしても扉がずっと閉じたままだったので、これただのイルミネーションじゃね?12月だし・・・なんて、これまでのDQXを皮肉るような感想もちらほら見られたんですが、0時を回った瞬間に「天獄の扉がひらいた!」っていきなり通知が来て焦りました。

 

その頃わたしは野良の防衛軍の真っ只中だったのでみんな焦りつつもさっさと倒して、速攻で邪神の宮殿へ。

 

 

ひ、ひらいとる・・・。

 

何が待ち受けているのか1mmもわからなかったので、とりあえず安定の戦士で挑戦してみようかなーって思ってたんですが、扉を調べるとクリア条件が提示されまして。

 

 

これを見て、最初は闇呪文のある賢者でいこうかと思ったんですが、冷静に考えると魔法戦士のほうがいいなって気がしたので、私は魔戦でいくことに。

 

中に入って現れたボスの見た目が使い回しで一瞬萎えてたんですが、強さが桁違いで一気に目が覚めました。野良8人パーティでしたがみんな似たような気分だったと思います。

 

たしか構成は「戦士・まも・バト・賢者・占い・魔戦・魔法・僧侶」だったと思います。そのうち魔戦はわたしですね。野良なのに職がほどよくバラけてて、魔法使いも僧侶もいてくれたのが助かりました。なんで構成こんなに覚えてるのかって、私がバイキをしょっちゅう更新してたからですね。

 

全員でMP400消費はマダンテぶっ放して達成。

闇属性5000ダメージはダークフォースかけてフォースブレイクして達成。

SHTで攻撃もたまたまSHTになってたタイミングでマダンテうって達成。

 

 

と初回なのに相当活躍できた感じでした。魔戦いいね。かっこいい。

唯一、魔法反射だけ達成できなかったけど3つ達成すればクリアなので、初回撃破成功です。うれしい!!これが一度負けてたらちょっと萎えてたんですが、サプライズでぶっつけ本番で挑んでギリギリ勝てるって最高のシナリオじゃないですか?

 

いやあ、久々にドラクエXを楽しめました。これぞMMOの醍醐味!って感じですね。

報酬のベルトは虫9%がついてましたけどあとがゴミだったので無事灰になりましたとさ。

 

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Selected Entries
Categories
Links
Archives
Search this site.
Others
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM