ひらがなポーカー

2017.05.21 Sunday
TRPGメンバーで集まってた、パラさんもやしさんと3人で、パラさん提案の「ひらがなポーカー」で遊んでみることに。

さくっとカード素材を作ってしまうパラさんもさすがだけど、さくっとどどんとふに実装してしまうもやっさんもさすがです。私はといえばChromeでどとんとふにアクセスできない自体になってたので苦戦してました(この方法でなおったので参考までに)

タイトルだけでルールすべてを把握できる素晴らしさ。調べてみるとルールはあってないようなものらしくて、面白ければ勝ちみたいなことらしいです。紹介されていたサイトには50音以外にも「○」や「w」を含んであいまいな表現だったり今風な楽しみ方ができるとあったんだけど、いざ遊んでみるとそれらはない方がいいという結論に。

○があるとなんというか、一般人には受けがいいけど一般人からずれた人たちは笑えないというか、もやしさんは没入感が失われるという表現をしてましたけど、まさにそんな感じかなあと。

それとカードをめくるタイミングも大事でしたね。最初に完成している文字を見せることで、次に何が来るのかをほのめかしてからの、意味不明な文字が来たときの笑いはなかなか他では味わえない感覚だと思います。



久々に遊んだけど、やっぱりアナログゲーはたのしいですね。このひらがなポーカーもだけど、ワンナイト人狼とかも東京の人たちといつか遊びたいものです。
-----

ワンナイト人狼

2017.02.04 Saturday
都合が会ったときだけ揃うTRPGのメンバーで
ワンナイト人狼というものをしてきました。

人狼自体経験がなかったので、私にとってはこれが初の人狼。
通常、人狼は何日かの夜をまたいで行われるが
このワンナイト人狼は文字通り、一夜で終わる。

(善良な村人の私が無残に吊られたラストゲーム)

こちらがいろんな手段を理解してないと、共闘することも
どういう手口でやられたのかも知らないまま死んでしまうというのが
参考動画を見たあとでSkypeのログを見てわかった。

いやあ、面白い。

これはある種、将棋のような感覚で
こういう状況ならこういう手が考えられるっていう
いくつかの定石を用意して挑まないと、牙の抜けた状態になるのもうなずける。
いつかノーマル版の人狼もやってみたいなあ。
-----

ハゲタカの餌食

2015.11.20 Friday
年末、東京へいくのに新規アナログゲーがひとつっていうのも
なんだか味気ないのでもう一つ買ってみた。



ハゲタカの餌食。
これはカードゲームなので、ゴキポ並に小型。

これも、いつものTRPG仲間たちで昔やったことがあるゲーム。
ルールがすごく単純なのに面白いっていう
アナログゲーの典型みたいな作品。

年末みんなでやってみたいと思う。
楽しみだなあー。
-----

アナログゲーム

2015.09.20 Sunday
Q-jetが手に入ったので友人宅へ持って行った。
友人同士でアナログゲーをやるのは初めてだったので
少々心配だったが、きっと面白いに違いないとやらせてみることに。

結果、予想以上に盛り上がってくれた。
やっぱりすごいね、アナログゲームの力は。

その後やったリトルビッグプラネットがあまりにつまらなすぎて
アナログゲームのほうが・・おもろかったなあ・・・って
言ってくれた時には結構嬉しかった。

この楽しさを教えてもらった、もやしさんはじめTRPGメンツには感謝。
今度は別のアナログゲーもやりたいねえ。


-----

Q-jet

2015.09.11 Friday
一人暮らしのときはざらにあった夜の風景。
主にTRPGがある土曜日に多かったけど
今週は金曜日に開催ということでこんなことになってた。



デュアルモニタではないので、1画面で手狭になってるけど
左がTRPGもといアナログゲーム。
右上がDQX、右下がTOPANGAリーグ。

チャットを打つ対象が二種類以上あると誤爆しそうで怖い。

今回教えてもらったアナログゲーム『Q-jet』も楽しかったので
さっそく密林に見に行ったら売り切れてた。
コヨーテも売り切れてたし、アナログゲー売り切れ過ぎだよ!

お店でも、どこかで見つけたらやりたいなあ・・・。


-----

CUBEからのルーム25

2015.05.22 Friday
仕事終わりの飲みはなんとも言えないスパイスがきててうまい。
普段さぎょいぷができてない分、存分にたまってる話をした。
配信もさぎょいぷもなくなったけど、話すのは楽しい。

その後、いつもの流れでろあくんと共にこるせ邸へ。
途中、TSUTAYAでCUBEを借りて鑑賞してから開始することに。
映画の雰囲気をそのままにアナログゲーやるとかなんて贅沢。

ふたりにルーム25のルール教えるがてら二人の対戦を見守ることに。

 (ろあ君VSこるせ君)

これ外から見てても楽しい。
やるたびに何かしらのドラマが生まれるのはやはり素晴らしいね。


-----

東京出張1日目

2015.05.19 Tuesday
東京出張のため、早朝にキャリーバッグ引きずりながらお出かけ。
タクシー捕まえて、新幹線にはかかせないフルーツサンドを購入。
東京まで片道18000円。高杉。

Yahoo路線図片手に移動したら迷うことなくビッグサイトまで行けた。
やっぱり自分で調べて歩くのだといろいろと理解が深まる。

こんなにすいてるりんかい線なんて初めて見るなと思いながら
国際展示場で降りて、見慣れた風景を眺めながら逆三角形まで歩いた。

途中、なぜかやたらと女性が大量にいて、何事かと思ったら
同時期に別スペースでビューティなんとかっていうの開催してたらしい。
そもそも東1と東2しか借りてないって怪しいと思ったら
ほかのスペースで別イベントやってたのね。

そう考えると、コミケがいかにすごいかがわかる。
東全部西全部ってどんだけだよと。
そりゃ来場者数も文字通り桁が違いますよと。

しかし、ベルトコンベアが稼働してるビッグサイトを見るのも初めてだし
歩いてても人とぶつからない東ホールっていうのも新鮮だし
空調がちゃんときいてるんだなって実感できる空間に驚いてた。
ベトナムとコミケ経験してたら
人生大抵のことは大したことなく感じるから助かる。

準備もそうそうに終えて、あまりに暇だったんで
忍屋のシナリオ考えてたんだけど、どうにも台本がしっくりこない。
どうしたもんかなあ。

夜は蝉の新居へお邪魔して、ルール確認がてらルーム25をやってみた。

 (二戦目の対立モード最終局面)

これは面白い。
協力はそうでもなかったけど、対立になった途端にほんとに
CUBEの世界に入ったかのような錯覚を覚えた。すごいなこのゲーム。
最後は劇的な脱出劇を見せて俺が勝利した。
蝉にアナログゲーで勝つのって、なにげに初めてじゃないかしら。
-----

ルーム25

2015.04.30 Thursday
アナログゲーが届いた。
TRPGのGMでお馴染みのもやしさんが紹介してたので
5月に東京行く際の余興としてぽちってみた。

『ルーム25』

未開封なのでよくわかってないけど、ベースになってるのは
映画のCUBEのようなので、面白そうではある。
CUBE自体は色々もったいない作品だったけど。

みんなでやるまえに、蝉と二人でやってルール調べとこうかなあ。
もとはといえばCUBEの映画を教えてきたのも蝉だった気がするし。

---

忍屋。

本日、仁王丸のホコグラが全部終わった。
主人公の椿もびっくりな枚数になったけど
この人は複数回登場するタイプの中ボスだし
このくらいはしっかりやっとかないと後悔しそうだしね。

ちなみに終わったとはいったけど、色塗りがまだ。
色塗りがまだにも関わらず、結構な達成感がある。
それほどまでに自分のスキルと不釣り合いな内容を終えると
さながらはぐれメタルを倒したような気分になる。

今まで雑魚を何体描いても
文字通り雑魚を倒した気分にしかならなかったが、今回はさすが中ボス。
ちゃんと大きな山を超えたといった印象を持てた。

きっと雑魚は1種類いれば最悪なんとかなるけど
ボスは使いまわせないし、ストーリー上、出てくることが
確定しているくせに、いつまでたっても不安要素として
頭の隅に居続けたからだろう。

それを一つ倒せたというのはでかい。
この調子で他のボスも倒せたらいいなあ。
ボスはあと4体だけど、元ネタというか参考元の目星が
ついてるかどうかで気の持ちようが全然変わってくる。

まだゲームやってるわけでもないけど、順にボスを倒していこう。
これでプログラムでも戦闘が実装されれば
本当の意味でエターナらない!って確信が持てるのかもしれないね。


-----

ウミガメのスープ

2013.02.17 Sunday


画像:今年最初のお好み焼き

天気:雨

TRPGは終わったが集いが終わることはない。
こうやって集まれるのがとても幸せで楽しい。
今回はアナログゲーを久々にやろうということで
「ハゲタカのえじき」というカードゲーム。
もうひとつは「ウミガメのスープ」というアドベンチャーゲーム。

相変わらずどちらも面白い。
なぜこんなにも面白いのに世間にはデジタルコンテンツばかりで
アナログゲーはそこまで目立たないのか。

こんなの友達同士で集まってやったら
ビデオゲームにはない楽しさが絶対あるずなのに。

ウミガメのスープにいたっては出題内容が難題で
予約枠とってた2時からというもの、リスナーと一緒に考える始末。
それはそれで反則的なのだけれど時間も時間で、十分に楽しめたように思う。

体験版完成まで、あと194日。

アナログゲームの楽しさは、きっとビデオゲームでは
表現しがたい部分だろうしする必要もないのかなとは思うが
それでも楽しいと感じるこの気持を何かに行かせればと感じる。


-----
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
Links
Archives
Search this site.
Others
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM