進捗と見せかけてDQX叩き

2019.10.16 Wednesday

進捗には美少女たちしかアップできないってこの世おかしくない?

 

 

いや・・・そんなこともないんでしょうけど、よくわからんチョンマゲのおっさんより可愛い子のほうがいいよね。はい、今回もジム行った帰りに作業頑張ってました。

 

ジムで例の地球動画見てるんですけど、すごいね。知らないことが多すぎる。例えばDNAって、原初の時代から当たり前にあるものだとおもってたんですが、そもそも二重構造のDNAすら何億年もかけて築き上げられたものだったってのが衝撃でした。こりゃいろいろとイナナキアの設定も練り直さないとなあ・・・って浮気しそうになりますが今は忍屋ですね。

 

大丈夫、浮気しませんよ。

 

残り『83』種!!

 

今回は茶屋のおっさんや、内通者の家臣とか、あとは紋の表情差分全部描き終えました。

 

まだまだあるなー。

内心140種とか楽勝っしょ!とか思ってたけど意外とある。

 

今週はストVのRAGEとか、ドラクエコンサートがあったりで作業時間減りそうだし・・・そういえば今思い出したけど、ドラクエXがアプデするんだった・・・マイナーアプデとかじゃなくて大型の・・・ついにVer4からVer5になるってのに、まだ予約すらしてなかったわ・・・。

 

とはいえDQXは相当に悲惨な状況なので、ver5が出たところで作業に支障が出るとは思えませんけどね。

 

・・・どのくらい悲惨かって?

 

そりゃあおめえ・・・バージョンのナンバーが変わる大型アップデートのセールスポイントの中に、新型の髪型が1種追加されることを、堂々と描いちゃうくらいには悲惨なんですよ・・・。

 

 

いいですか。写真を見ると大量に追加されてる風に見えますが、男女でそれぞれ同じ髪型が1種だけ追加されてるんです。

これが、天下のドラクエX『バージョン5』や!!!!ドン!!

 

PLに当たり前を作ってはいけない

2019.10.15 Tuesday

ホコグラを描いてて思ったんですけど、これ無闇に増やさないほうがいいやつですね。ホコグラを増やすとはどういうことかといえば、それが『プレイヤーの当たり前』になっていくということです。

 

主人公のホコグラで考えてみましょう。

 

忍屋では、椿の待機状態は微動だにしません。

呼吸アニメがないということですね。

 

これをもし、待機状態で呼吸アニメをさせたら・・・つまり肩とかのパーツを動かすようになったらどうなりますか?

 

それがこの世界の当たり前になってしまうわけですね。

すると、他の動いていないキャラまで動かさないと違和感が生まれてしまい

せっかく主人公を頑張って動かしたのに、他が手抜きに見えてしまうということです。

 

これは極端な例ですが、何もアニメーションさせるホコグラばかりがその対象というわけではありません。

 

 (紋と椿が夜いちゃいちゃするEV)

 

たとえば今回追加したこの紋の座りホコグラ。通常のしゃがみとは別パターンなので、初めて見た人は「おっ、見たことない格好してる」ってなるわけです。これが事あるごとにいろんな座り方をしてたら、この感動はなくなりますよね。それはPLの中で、キャラは動いて当たり前になっているからです。

 

つまり、昔のPS1のムービーよろしく、ここぞ!という印象づけたい時のために、特殊なポーズはとっておくべきなのです。そんなわけで、色々と端折れそうな素材もあるなーって見直しながら進めてます。

 

残り『91』種!!

 

まだ面倒なのがいくつか残ってるけど、このペースならきっと今月中になんとかなる。たぶん。

 

銀糸再登場

2019.10.14 Monday

ゲーム制作をひたすら頑張ってた3連休でした。

なんというか、前までの苦痛感がほとんどないんですよね。

「素材〜めんどくさい〜」っていう感覚にならないというか。

 

なんか無です。

エクスデスです。

やったことないけど。

 

さて。

 

休日はノルマの数を気にするのではなくて、平日の夜では絶対に終わらないであろう素材を片付けると決めていたので、それらを作ってました。具体的には、新ボスのモーション関連がほとんどですね。あとは新モブの歩きモーションとか。動きのないホコグラは平日の夜の私に任せてます。

 

今回の新生忍屋では、敵約が一人追加で必要だったので、それをどんな奴にしようかな〜って悩んでたんですよ。最初は、例の主要キャラのひとりを消してたから、そいつに敵役やらせるか?って話になって兄と一緒に再構築したんだけど、例の事件があって結局ボツになり、新キャラじゃないと駄目だな〜って考えてたら、そういえば以前描いたコイツがいたな・・・と思い出して、敵として再登場してもらうことにしました。

 

(銀糸)

 

物語の流れ的にフード&マントを追加で描きました。めんどくさかった・・・。

 

最初はフードかぶってて誰かわかんないけど後半わかるっていうあれです。すでに一度出てるビジュアルなので隠す気はありませんけど。性格もギャグっぽいキャラから、180度真逆の冷酷なキャラになったので、名前も銀詩から銀糸に改名しました。登録しなくても変換で一発で出るし。あと髪の毛もツインテールにしましたね。フードかぶってると邪魔そうです。2012年に描いたキャラが、まさかこんな形の実装になるとはね・・・。

 

こいつも色々と苦労させられました。ほら、フードキャラって、ゲームでよく「フードの男」って表現されるでしょ?あれ、忍屋だとフードって言葉も使えないし、男でもないし、どうすりゃいいんだ?って思いましたよね。そういう和風ゲーム特有の制限ってのもよくあります。いつぞやのワールドマップと同じです。

 

残り『99』種!

 

ついに2桁まできました。

また週末までは簡単に終わるやつで場をつないで、週末に新雑魚のモーション一覧に取り掛かりますかね。かなりハイペースで進んでるし、残りの日数のノルマはどれくらい減ってるかな〜。

 

前回は一日6個だったけど・・・えーと10月が残り17日で、素材が99個だから・・・99÷17で・・・5.8・・・・・・なんでや!なんで減ってないんや!!

 

うおおおおおおお!!!

 

Web拍手レス

分かります、自分も二次創作者ですが別のジャンルに手を出すと一気に数字が下がりますよね。 自分は割と作品を重視してる人が多いように思います。 中の人を重視するのは生放送とか同じジャンルで繋がりを持ってるか、単純にその人のファンだったり。 絵師さんは特に大変そうですよね、昨今絵が上手い人が多すぎる@長月チャカ

 

ほんとね〜。私はもう自分が好きなゲーム作れたらそれでいいやって気分になってます。周りを気にすると邪念が入ってきていかんですね。

 

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Selected Entries
Categories
Links
Archives
Search this site.
Others
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM