コピックという名の高価なマッキー

2018.06.22 Friday

平野から脱するための、過去の自分を振り返るという手法をとってみました。ブログ日付の年数だけ変えて遡るってだけなんですけど、実際にやってみて驚きましたね。

 

もう見事に去年も一昨年もその前も・・・ずっと忍屋作ってたんですよ。

 

すごくない?

昔の私がんばり過ぎじゃない?

 

昔の自分は延々と頑張ってたんだなっていう姿を見て、負けてられないなとか、しっかりしなきゃなって思えました。思えたんですけどこの日は仕事が遅くなりすぎて特別何かができたわけではないんですけど、ひとつ「コピック」について調べてみました。

 

夏コミで色紙を描くとして、色を塗るとしたらコピックなんだろうなあって。

 

コピックの思い出といえば、専門学生時代に同級生に使わせてもらったことが一度だけあったんですけど、コピックのコの字も知らなかったため、私の中では完全に「値段の高いマッキー」という位置づけだったんですね。あれから触ってないので、その感覚は変わってません。相変わらず高価なマッキーです。

 

でも上手い人が塗れば、デジタルのような色塗りがアナログでできちゃう夢のツールだということも理解してます。今回まじめにやるために色々調べたってお話ですね。

 

Amazonでいい感じのを見つけたんですが、よくよく計算するとただの定価だったことがわかったので、こりゃもうR-1と同じですねって感じでした。どこで買ったとしてもたぶん安くなることはない。ならば必要と思われる色だけを現地で買ったほうが利口ではないか、という結論です。

 

いやあ、にしてもこりゃ大変ですよ。いったい何色あるんだってくらいあるし、自分に必要なのがどれかもわからない。わからないけど、何か新しいこと始めようとしている自分に、少しだけワクワクしている自分がいます。

 

今週末辺り、コピック探してきますかね!

制度の変わった健康診断

2018.06.21 Thursday

今年から、法律的に健康診断のラインナップが変わったのをご存知でしょうか。

 

これまで35歳未満の人は健康診断という名の身体測定でおわってたんですが、今年からは血液検査とか諸々ふえてるのが基本パックになったようです。いいことですね。

 

血液検査があるのでお昼は食べないでねって言われたため、お昼抜きでチャリこいで行ってきました。例の膀胱炎になってからというもの、私も人並みに尿意を催すようになったので、もう尿検査も怖くありません。去年までと比べて増えた項目はたぶん以下の通り。

 

・聴力

・ウェスト測定

・心電図

・血液検査

 

聴力の難易度が高かったと同僚は口を揃えて言ってました。たしかにむずい。耳鳴りなのかエコーしてるだけなのかわかりづらい印象。心電図はいつぞやの病院同様、私の肉がなさすぎて外れる始末。視力検査が、眼鏡のレンズ変えたばかりなのにめっちゃ悪くなってて、おかしですねもう一度やりましょうって言われたけど二回目も変わらず。疲れてるんですかね〜って言われて次へ・・・。

 

今回何がいやだったって、血液検査。血をすわれるのは仕方ないんだけど、問題はそこではなくて、終わったあと。2分くらい押さえといてくださいねって言われるじゃないですか。あれってちゃんと抑えてないと内出血したりするからなんですけど、押さえとけというくせに、すぐ次はどこどこへ行け、言った先でも服を脱げ、レントゲンでも手を回せと、もうどこもかしこも押さえさせる気ゼロなんですよ。2分でいいから休ませてくれって思うけど叶わず、結果刺された箇所が未だに痛いです。

 

そうそう、以前この病院へ来たときに、中学の同級生の女の子がいたらしいんですよ。そのときは嫁さんがLINEで聞かれたらしく(嫁さんも同じ中学だから)そのときはカルテで私の名前をみて来てたんだって思ったらしいんですが。

 

で、今回。にてるな〜〜〜って思った人がいて、待合中に嫁さんに連絡してみたら合ってたようで、向こうも気づくかなーと思ってじーっと見てたら目があったんですがスルーされて。

 

最後、問診を受けるとき、ちょうどその子がいる受付の横を通ったので手を振ったんですが、どうぞ〜って問診の部屋を案内されたので、ちがうそうじゃないって思いながら、もう数秒ほど手を振ってたら気づいてくれました。きっと近々、別の友人の結婚式で会うことになりそうですけどね。

 

帰りは14時回ってたので、我馬で白馬ラーメンと明太子ご飯食べて仕事に戻りました。

 

見渡す限りの平野

2018.06.20 Wednesday

谷の時期っていう話を以前したと思いますが、それはもう人生のどん底にいるイメージなので「なんとかして這い上がろう」っていう意識が働くんです。

 

反対に山の時期は、仕事も創作活動も遊びも人間関係も全部滞りなくこなせている状態で、なんの不満もない状態ですね。不満がないので無意識に黙々とがんばれてる日々が続くんです。

 

で、今はなんの時期なの?って考えたときに、すっっっっごい平野なんですよね。

もう見渡す限りの平野が広がってます。

 

なかなかレアですよ、私の人生において平野って。

 

どういうことかといえば、やる気がでないんですよ。全てにおいて。強いて言うなら仕事に関してはちゃんと山を登り始めてる感じなので心配してないんですが、創作活動が軒並みモチベ0です。それって平野じゃなくて谷なんじゃね?って思えてもきますが、谷ってきっとやる気はあるんだけどにっちもさっちもいかない状況のことを指すんですよ。そういう意味で、そもそもエンジンがかかってない今は平野なんです。

 

長いですねーこの平野。

 

コミケの当落時からずーーーーーっと続いてます。

何が凄いって、いくら平野だろうがドラクエはできるんですよね。

呼吸するのに山とか谷とか関係ないってこういうことなんだろうなって思います。

人間関係もなんの問題もありません。

つまり、今の私に決定的に書けているのは創作活動意欲。

 

そして、創作活動意欲が占める私の満足度の割合が大きすぎるせいで、これをしてないだけでものすごい疲れが溜まっていくんです。悪循環というやつです。創作活動をしないと疲れが貯まるって、この感覚わかるひといますかね。

 

本来やらねばならないことをやってないという罪悪感のようなものもそうですし、何より創作活動ちゃんとした!えらい!っていう自分自身への成長要素というものが感じられないと、自分の中の幸福度がどんどん下がっていく感覚です。結果、とても気だるい日々が続いて、この平野をなかなか脱することができないんですよね。

 

さーーーーて、どうやったら抜け出せるんだこの平野は・・・!!